相続の放棄とは何ですか?

「相続放棄」とは

「相続放棄」とは、法定相続人が被相続人の遺産の相続を放棄することをいいます。

例えば、父親・母親・息子・娘の4人家族のケースで父親が亡くなったとします。
この場合、法定相続人は、母親・息子・娘の3人となります。

法定相続人は、被相続人(上のケースでは父親のこと)の「全ての財産」を引き継ぐことになります。

ここにいう「全ての財産」には、預金などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

したがって、上のケースで、父親が莫大な借金を残して死亡した場合、母親・息子・娘の3人は父親の借金も引き継ぐことになりますから、借金を返していかなければならなくなります。借金の金額によっては残された家族の生活が成り立たなくなってしまうかもしれません。

こうした事態を避けるために、相続放棄という制度が用意されています。

つまり、プラスの財産よりマイナスの財産が圧倒的に大きい等の事情により、被相続人の遺産を引き継ぐことにメリットがない場合、法定相続人は相続放棄をすることによって、被相続人の遺産を引き継ぎを拒絶することができます。

この相続放棄には期間制限があり、自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所で手続きをしなければなりません。この期間を過ぎた場合、原則として相続放棄をすることができなくなります。

しかし、あとから被相続人に多額の借金があることが判明した場合等には、例外的に3か月を過ぎていても相続放棄をすることができる場合があります。

当事務所でも「3か月の期間は経過してしまっているが、今からでも相続放棄はできますか」というご相談はよくありますし、3か月を経過した後で相続放棄が認められたケースも多々あります。