任意整理を行うメリット・デメリットを教えてください

メリット

  • 債権者との交渉によって将来利息がカットされますので、返済の負担が軽くなります。
  • 破産や再生と異なり、裁判所を通さない手続きですから手続きが比較的簡単で、柔軟な対応が可能です。裁判所に提出書をご準備いただく必要もありません。
  • 官報による公告もありませんから、第三者に知られることなく手続きを進めることができます。
  • 自己破産のような資格制限もありません。

デメリット

  • あくまでも債権者との交渉に基づくものですから、債権者との合意に至ることができない場合もあります。この場合には、任意整理の手続き自体を進めることができなくなることもあります。
  • 近年、消費者金融の体力が弱まってきているということもあり、元金や利息の減免に応じない業者も出てきております。また、借金の減額幅も小さくなってきています。
  • 任意整理をした場合でも、信用情報機関に事故情報は登録されますので、5〜7年程度は新たな借り入れやクレジットカードの利用がしにくくなります。

 

デメリットとなる部分も否めませんが、暮らしを立て直すチャンスを逃さず、あきらめず、是非ともご相談ください。