グレーゾーン金利とは何ですか?

利息制限法で定められた利息の上限金利20%を超え、かつ、出資法で定められた利息の上限(元本の額にかかわらず年29.2%)の範囲内の金利を指します。

利息制限法上の上限金利は以下の通りです。

  1. 元本が10万円未満の場合:年20%まで
  2. 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%まで
  3. 元本が100万円以上の場合:年15%まで

利息制限法上の上限金利は上述の通りです。しかしながら日本には、金利を規制する出資法による、もうひとつの規制(法律)があり、この二段階の規制が「グレーゾーン金利」を生み出してしまう原因となっています。

貸金業者が29.2% までの金利を定めて事業を行った場合でも、出資法上、処罰の対象とはされません。従って、利息制限法で定められた上限金利(上記1~3)を超えた金利を取っても、それが出資法で定められた金利(29.2%)の範囲内の金利であれば、業者が処罰されることはないのです。

そのため、この「グレーゾーン金利」での貸付けが行われている場合がありますので、「おや?この借金の金利はグレーゾーン金利?」などと頭をよぎったら、過払い金請求の対象となる場合がありますので、まずは契約内容を確認されることをお奨めいたします。