任意後見制度とは、どのような制度ですか?

任意後見制度とは、将来自分の判断能力が衰えた場合に備え、予めこの人に自分の財産管理などをお願いしたいという人(任意後見受任者)を決めておいて、その人と契約を締結し(任意後見契約)本人の判断能力が衰えてきたところで、先の契約に基づいて財産管理や療養監護等をしてもらうというものです。

後見・保佐・補助といった「法定後見制度」では、誰が後見人・保佐人・補助人になるのかは家庭裁判所が決定し、本人が決めることはできません。

任意後見制度では、将来自分の判断能力が衰えてきた場合に自分をサポートしてくれる人を自分自身で決定することができます。
この点が法定後見制度との大きな違いです。