離婚に関するよくある質問を追加しました

離婚に関するよくある質問を追加しました。

『調停離婚を申し立てられたのですが、離婚したくないんです。』といったご相談をよく耳にします。そのような場合は、どのように行動するのが最善でしょうか。

よくある質問|福岡の法律事務所なら筑豊合同法律事務所離婚調停を申し立てられましたが、応じたくない場合はどうしたら良いですか?

 

弁護士だからこそ、離婚問題をトータルサポート!

弁護士は、ご依頼者の代理人として協議離婚の際に相手方との交渉や離婚協議書の作成を行うことができ、離婚調停では実際の申立や調停の期日に代理で出席することもできます。さらに、訴訟のプロフェッショナルですので、離婚訴訟までも対応することができます。

難航する交渉も面倒な手続も「離婚問題のすべて」について一貫して対応できるのは弁護士だけです。

弁護士だからこそ、離婚の一連の手続をすべて踏まえたうえで、ご依頼者をトータルサポートすることが可能なのです。