スイッチの容量を増やす方法がある!手順から対処法までを紹介!

お役立ち情報

子供から大人まで大人気のニンテンドー・スイッチ。

スイッチは、ゲーム機として機能するだけでなく、YouTubeを見る、ゲーム画面の写真や動画を撮影するなど、いろんな機能があります。

そんな中、「使っているうちにいつの間にか容量が少なくなっていた」という場合があります。

最近、スイッチの容量が少なくなっちゃったな。

どうしたら容量を増やすことができるんだろう…

ゲームをたくさんダウンロードすると容量が少なくなるわよ。

でも大丈夫。容量を増やす方法があるらしいよ。

そこで、今回はスイッチの容量を増やす方法を紹介します。

スイッチの容量が少なくなってきたとき、どのような手順や対処をしたらいいのかわかりますので、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

 

 

スイッチの容量を増やす方法は2通り

スイッチの容量を増やす方法は、2通りあります。

  • スイッチに保存されているデータから、不要なものを削除する。
  • SDカードを挿入することで空き容量を増やす。

ダウンロード版でスイッチのゲームをするには、ソフトをダウンロードする必要があるので、そのたびに容量が減っていきます。

スイッチ本体の容量は、32GBとなっています。32GBというのは、ゲームを何本くらいダウンロードするといいっぱいになるのでしょうか。

ゲームソフトの容量は1本につき約2GB~15GBとなっており、容量が大きいソフトをダウンロードすると2~3本くらいで容量がいっぱいになってしまいます。

さらに、アップデートやセーブデータなどにより容量が減っていきます。

容量がいっぱいにならないか気にせず、かついろんな種類のゲームをするためには、スイッチの容量を増やす必要がありますよね。

また、ゲームソフト(カートリッジ)を挿入するパッケージ版だと、ゲームソフト購入時には容量が減りません。

しかし、パッケージ版の場合でも、セーブデータのために少し容量が必要なので、全く容量が減らないというわけではありません。

ちょっとめんどくさそうだという気持ちもあるかもしれませんが、スイッチの容量を増やす方法をマスターし、ゲームを思う存分楽しみましょう。

 

 

スイッチの空き容量をまず確認しよう

スイッチの容量を整理するために、まずは、現在空き容量がどのくらいあるのか確認しましょう。確認手順は、下記のとおりです。

  1. HOMEメニューから「設定」を選択します。
  2. 「データ管理」を選択すると、画面上部「本体保存メモリー」、「SDカード」それぞれ、空き容量が表示されます。
  3. 「まとめてデータを整理」を押すと、今までダウンロードされたゲーム1つずつの容量を確認できます。

簡単に確認することができ、覚えやすい手順ですね。

ゲームソフトをダウンロードするたびに、空き容量が気になると思います。

しかし、空き容量を確認する手順を覚えておくことで、「容量がいっぱいになってしまった」と慌てずにすみそうですね。

 

 

スイッチの容量を本体で増やそう

スイッチの容量を増やす方法として、1つ目にスイッチに保存されているデータから、不要なものを削除する方法があります。

スイッチ本体で容量を増やすためには、この方法を用いることになります。

 

ゲームソフトを削除する方法

まず、先程紹介したスイッチの空き容量を確認する画面にしましょう。

「まとめてデータを整理」まで開いたら、下記の手順で行います。

  1. 画面上部に「整理するソフトを選んでください」と表示されます。
  2. ゲームソフト名の右側に〇印があるので、そこを選択し「レ点」マークをつけます。
  3. 画面右側の「整理する」を押すと、その分容量を増やすことができます。

また、ここでソフトを削除してしまっても、セーブデータは残っています。

再度、同じゲームをしたくなったときは、再ダウンロードすることで以前の続きからゲームを楽しむことができます。

データを消去するとき、消したいものを間違って選択しないかドキドキしてしまいますが、セーブデータが残っているのは安心ですね。

ただし、再ダウンロードしたいゲームソフトが配信されていない場合もあります。

消去するときには、再ダウンロードが可能か確認したうえで消去することをおすすめします。

 

写真や動画を削除する方法

スイッチは、ゲーム画面の写真や動画を撮影することもできますが、撮影して保存することで容量が少なくなってしまいます。

そのため、スイッチに保存している写真や動画を削除することでも、容量を増やすことができますよね。手順は下記のとおりです。

  1. HOMEメニューから「設定」を選択します。
  2. 「データ管理」→「大切なデータの管理」→「画面写真と動画の管理」→「ひとつずつ整理」の順で開きます。
  3. 画面下部「X.えらんで消去」を選択します。
  4. 消去したい写真や動画を選び、レ点をつけます。
  5. 画面右下「消去する」を押します。
  6. 画面中央に「〇件消去します」と表示されるので、この表示の右下「消去する」を押します。

写真や動画は本体への最大保存数が決まっています。必要な容量、最大保存数は下記のとおりです。

必要な容量 本体への最大保存数
写真 1枚につき約200B 1,000枚
動画 30秒の動画で約20MB 100枚

空き容量があっても、最大保存数を超えると保存できなくなってしまうので、写真や動画も時々整理し、不要な分は消去することをおすすめします。

 

セーブデータを消去する方法

スイッチ本体からセーブデータを消去する方法を紹介します。

  1. HOMEメニューから「設定」を選択します。
  2. 「データ管理」→「セーブデータの消去」の順で開きます。
  3. 消去したいセーブデータのソフトを選択します。
  4. 消去したいセーブデータのユーザーを選択します。
  5. 「このソフトのセーブデータをすべて消去」を押します。
  6. 「セーブデータを消去する」を押します。
  7. 「セーブデータを消去しました」と表示されたら完了です。

セーブデータは消去すると元に戻すことができないので、本当に消去してもいいかよく確認したうえで行いましょう。

ゲームソフト、写真や動画、セーブデータ、いずれの消去方法も、消去した直後に空き容量を確認すると、削除した分容量が増えていることがわかります。

手順さえ覚えたら、空き容量を確認→不要になったデータを消去→再度空き容量を確認という作業を繰り返すことで、都度本体の容量を整理することができますね。

 

 

スイッチの容量をSDカードで増やそう

スイッチの容量を増やす方法として、2つ目にSDカードを挿入し容量を増やす方法があります。

SDカードは、32GB、64GB、128GB、256GB、512GBと大容量のものまであります。

スイッチ本体が32GBの容量であることに対し、SDカードをスイッチに挿入するだけで、一気に容量を増やすことができますね。

スイッチに使用できるSDカードは、下記の3種類です。

  • マイクロSDカード
  • マイクロSDHCメモリカード
  • マイクロSDXCメモリカード

SDカードの対応機種が「任天堂スイッチ」と表記されていることを確認したうえで購入すると安心でしょう。

また、SDカードを購入するとき、どの大きさの容量にするか迷うのではないでしょうか。

主にパッケージ版でゲームソフトを購入する場合、本体のみの容量でも困らないくらいですが、32GBか64GBのものを備えておくと安心でしょう。

ダウンロード版でよくゲームソフトを購入する場合、容量の減り方を考慮すると、最低でも128GBがおすすめです。

 

SDカードの取り付け方

SDカードの挿入方法は、下記のとおりです。

  1. 電源をOFFにし、スイッチ本体の背面にあるSDカードマークの部分を開けます。
  2. SDカードの端子がある面を下にして「カチッ」いう音がするまで差し込みます。

また、SDカードを抜き取りたい場合は、電源をOFFにし、一旦SDカードを奥に押し込み抜き取ります。

SDカードの容量も、本体の容量と同じように確認、データの削除ができます。

SDカードで容量を一気に増やしたからと安心せず、時々容量を確認することをおすすめします。

 

本体やSDカードへのデータ移動

SDカード挿入時は、スイッチの保存データを本体→SDカード、SDカード→本体へと移動することができます。移動の手順は下記のとおりです。

  1. HOMEメニューから「設定」を選択します。
  2. 「データ管理」→「本体/SDカード間のデータ移動」の順で開きます。
  3. 「SDカードへ移行」、「本体保存メモリーへ移動」のいずれかを選択します。
  4. 移動したいデータを選択し、画面右下「移動する」を押します。
  5. 「次のソフトのデータを移動します」と表示されたら「移動する」を押します。

セーブデータは、本体保存のみでSDカードへの移動はできないようになっているため、ぜひ覚えておきましょう。

また、ゲーム画面から撮影した写真や動画を、SDカードへ保存されるよう予め設定できます。設定方法は下記のとおりです。

  1. HOMEメニューから「設定」を選択します。
  2. 「データ管理」→「画面写真と動画の管理」の順で開きます。
  3. 画面上部「保存先」を「SDカード」に変更します。

これで、本体からSDカードへ移動する手間を省くことができますね。

そして、SDカードを使うことにより、パソコンやスマホへの移動も可能です。

SDカードの活用で、容量を増やすだけでなく保存先まで幅広くなりますね。

 

 

まとめ

  • スイッチの容量を増やす方法は、不要データ削除とSDカード挿入の2通り
  • スイッチの空き容量を時々確認しよう
  • スイッチ本体のみで容量を増やすには、ゲームソフト、写真や動画、セーブデータを削除する方法がある
  • SDカードを挿入することで一気に容量を増やすことができる

ゲームの種類が数多くあるスイッチ。せっかくスイッチ本体を持っているのであれば、いろんなゲームに挑戦したいですよね。

また、幅広い年齢層に人気があり、家族共用で使うこともあるのではないでしょうか。

時々データの確認や整理を行い、SDカードを活用することで、容量を気にせず自分も家族も楽しんでゲームをしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました