つけっぱなしできるお洒落なブレスレットはハイブランドがおすすめ

お役立ち情報

仕事や、プライベートでつけっぱなしできるブレスレットは、お洒落でいいですよね。

さらに、どんなスタイルでも合うブレスレットが数本あると、とても便利だと思います。

シンプルで毎日のスタイルを邪魔しないものや、革製で全体のアクセントになるものまで、お洒落なブレスレットは多くあります。

そんな風に、楽しめるブレスレットを買うなら、ハイブランドがオススメです。

大切な人とお揃いを持って、つけっぱなしで楽しむ、ペアブレスレットもいいですね。

では、どんな基準でハイブランドのブレスレットを選べばいいでしょうか?

つけっぱなしをして違和感がない、ハイブランドのブレスレットを選ぶポイントから、アレンジ方法までまとめました。

自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントなど、ぜひ参考にしてください。

 

 

つけっぱなしできるブレスレットはハイブランドがおすすめ

大人になり、仕事を初めてしばらく経つと、少しずつハイブランドのジュエリーに憧れが出てきます。

仕事中にチラリと見える、センスのいい、自分を表現するハイブランドジュエリーが、欲しくなってきますね。

ハイブランドジュエリーを身につけることで、モチベーションも上がり、自分の気持ちも前向きにしてくれます。

まずは、さりげなくファッションに取り入れやすい、ブレスレットがおすすめです。

仕事中や、コーヒーを飲む時など、ちらりと袖から見えるので、こだわりやセンスを表現できる大切な場所です。

その中でもシンプルなデザインのブレスレットは、季節問わずつけっぱなしできるので、楽しめるアイテムのひとつです。

さっそく選んでみよう!

いざハイブランドのブレスレットを探そうと思っても、どこから探したらいいか迷ってしまいますね。

ハイブランドとして特に有名なのが、カルティエ、ティファニー、ヴァンクリーフ&アーペルの、3ブランドがあげられます。

ここでは、代表的な3つのハイブランドを簡単にまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

トップブランド、カルティエ

1847年フランス・パリでの創業したカルティエは、王族御用達として名を馳せてきました。

 卓越した職人の技と時代を超える感性が融合したジュエリーは、多くの愛好家もいるほどです。

生み出されるハイジュエリーは、英国エドワード7世から「王の宝石商、宝石商の王」と称賛されるほどです。

カルティエブランドにあるブレスレットの中でも、情熱的な愛を表現したラブブレスレットが人気です。

他にも釘をモチーフとした「ジュスト アン クル」は、ユニセックスなデザインで男女問わず人気です。

しかし、つけっぱなしを楽しむには、ちょっと大ぶりかもしれません。

 

女性の憧れ、ティファニー

1837年9月18日にアメリカで創業したティファニー。女性の心を掴む秀逸なデザインで、人気が出ました。

高級ブランドの中では、比較的手が届きやすい価格で、初めて買うハイジュエリーとして人気です。

特にオープンハートのモチーフが人気で、ブレスレット以外にもネックレスとしても展開しています。

カルティエと同じく、世界5大ジュエリーに数えられている中、比較的手を出しやすい価格が人気の一つ。

有名な映画の舞台となったことも、ブランドにストーリーを付け加えている気がします。

繊細なデザインも多く、ブレスレットをつけっぱなしすることも、簡単にできます。

 

細かな装飾が素晴らしい、ヴァンクリーフ&アーペル

19世紀はじめ、パリのヴァンドーム広場22番地に創立しました。

女性向けのファインジュエリーを中心展開し、人気に火がつきます。

自然をモチーフとした植物のデザインが多く、とても人気です。

全て商品は職人が手作りで生産しており、1点ものばかりです。

ミステリー・セッティングと呼ばれる独自の技術である、セッティングで特許を持っています。モナコ公室御用達のハイブランドでもあります。

まだまだ他にもハイブランドと呼ばれるブランドは、たくさんあります。

ハイブランドごとの特徴があり、自分のスタイルや予算に合わせてブランドを選ぶといいですね。

 

 

つけっぱなしでお洒落なブレスレットの魅力

大人になると、ハイブランドを持つことに、だんだん憧れを持ってきます。

それだけ魅力的だということですね。でも、ハイブランドの基準とはなんでしょうか?

ハイブランドとは上流階級の王族や貴族から愛された、品質、価格ともに非常に高いブランドを指します。
そのため、ただ金額が高いだけでなく上記の通り品質、クオリティ、歴史の要素が必要になります。
特徴としては、比較的形が変わることが少ない定番モデルと呼ばれるアイテムのほか、常に流行の最先端をいくデザインのアイテムも持ち併せています。
そのため、一般の方々からも憧れの的となることが多く、「一度は持ちたい」と考えられる方も多いです。

引用:ゴールドミセス

品質はもちろん、その歴史的背景があるからこそ、魅力的に見えるのでしょう。

選ぶ時は、ブランドの歴史も見てみると、より一層思いがこもったものを選べると思います。

デザインや、色使いなどをみて、好みのハイブランドを選んでください。

 

ブレスレットはさりげなくおしゃれを楽しめる

ハイブランドのブレスレットデザインは、洗練されたシンプルなものが多くあります。

さりげないオシャレを楽しめることが、ハイブランドブレスレットの魅力でしょう。

夏には薄着になりますね。手首を出したり、ノースリーブで腕を出したり、ブレスレットのお洒落が楽しめる季節です。

オフィスでも長袖からチラリとブレスレットをのぞかせると、お仕事コーデとしておしゃれ度がアップするのではないでしょうか。

季節を楽しみながら好きなハイブランドのブレスレットを選んで、さらにお洒落を楽しみましょう。

 

さまざまな素材から選べる

ハイブランドのブレスレットは、ゴールドやシルバー、レザーなど素材が豊富な事も魅力です。

ファッションスタイルに合わせてブレスレットの素材を選ぶと、より統一感があるコーデになります。

ブレスレットをつけっぱなしにする場合、気になるのが金属アレルギーですね。

金属アレルギーでも、選ぶ素材を十分注意すれば、身に着けられるものが多いので、嬉しいポイントです。

 

仕事中はシンプルなデザイン

ハイブランドのブレスレットには、仕事の日でもつけっぱなしできるアイテムがあります。

仕事中に付けるブレスレットのポイント
  • シンプル
  • 目立ちすぎないデザイン
  • 軽い
  • 仕事を邪魔しない形

仕事中にブレスレットをつけっぱなしにして楽しむなら、断然シンプルで細いタイプがおすすめです。

ゴツゴツとした存在感があるブレスレットより、シンプルで細めなデザインのブレスレットが仕事を邪魔せず、違和感がありません。

デスクワークだと、手の動きを邪魔しないチェーンタイプもいいですね。

 

 

つけっぱなしのブレスレットは重ね着けで楽しもう

つけっぱなしでブレスレットを重ね着けすることで、一本よりアレンジの幅を広げることができ、自分をより良く見せることもできます。

自分をこう見せたい!というイメージを元に、ぜひ重ね着けでお洒落を楽しんでくださいね。

 

つけっぱなしイメージ別重ね着けパターン

ブレスレットを重ね着けする場合、組み合わせでいろんな雰囲気にする事ができます。

クールなイメージ
  • 太めのブレスレット
  • 素材はシルバーか、皮がおすすめ

他にも異素材ミックスなども雰囲気が変わっておすすめです。

細めなシルエットでも、数を3〜4個つけると存在感が強くなり、全体のアクセントになります。

フェミニンで繊細なイメージ
  • 細めのブレスレット
  • 素材は金かプラチナ

重ね着けするブレスレットを一色で統一すると、とっても繊細な印象になります。

色味をミックスすると、少し可愛らしい雰囲気にアレンジできます。

おしゃれで都会的なイメージ
  • 細めな異素材ミックス
  • 中細チェーン

素材をミックスすると、ひとつだけよりも一際存在感が増します。

気分によって、重ね着けするブレスレットの種類を変えても楽しいですよ。

全く印象を変えられるので、選ぶ楽しさが増えますね。

 

他にもあるチェックポイント

細いチェーンタイプにチャームが一つだと、どうしても手の内側にズレてしまう事があります。

そのようなブレスレットを選ぶ場合、全体に細かい飾りがあるものを選んでください。

チャームがズレて、裏だけになってしまう事もありません。

 

腕時計と重ねてつけっぱなしをするのもおすすめ

ハイブランドのブレスレットと相性がいいアイテムは、腕時計です。

細身でシンプルなブレスレットは、どんな腕時計にも合わせやすいので、おすすめです。

腕時計とブレスレットを合わせるポイント
  • 腕時計についてるベルトと、ブレスレットの色を合わせる
  • 同じブランドのブレスレットを選ぶ

色合いや素材を合わせると、バランスが取れていい組み合わせになります。

お洒落上級者になったら、ぜひ異素材をチャレンジしてみてください。

 

 

つけっぱなしできるブレスレットはペアもおすすめ

夫婦やカップルに人気なのは、同じデザインをつけっぱなしで楽しめる、ペアブレスレット。

カジュアルからハイブランドまで、ペアブレスレットは展開されています。

贈り物や記念日に、選ぶことも多いのではないでしょうか?

2人でブレスレットを付ける時は、自分だけじゃなく、相手がいるからこそ気をつけるポイントがあります。

贈る相手に金属アレルギーがあったり、年齢に合わせたデザインを選んだりと、注意すべき点はいくつかあります。

せっかく贈るなら、ずっと一緒につけていられるような、ペアブレスレットを贈りたいですよね。

ペアブレスレットを選ぶ時、どんな点に注意する必要があるのでしょうか?

 

つけっぱなしにするときはブレスレットの「素材」に注意

ブレスレットをつけっぱなしにしたい場合、素材を考えないと傷みやアレルギーなど、起こる場合があります。

シルバー
  • 温泉成分で色が変わりやすい
  • アレルギー反応が出る可能性もある
  • 長く付けていると、汗などで黒ずんでくる

シルバーは手の出しやすい価格ですが、意外にお手入れをする必要もあります。

また、シルバーは純度100%だと、アレルギーが出る可能性は低くいと言われています。

しかし、純度が高いと柔らかく、ジュエリーには不向きです。

そのため、硬度を高めるために他の金属を混ぜて「合金」にし、使用することがほとんどです。

そのため、混ぜた金属により時々アレルギー反応を起こす場合があります。

病院で検査ができるので、何かのタイミングで一度検査しておくといいかもしれませんね。

  • アレルギー反応は出にくい
  • くすみなど手入れは必要だが、シルバーほどではない

ハイブランドで、最も目をひく金ですが、ある程度の手入れをする必要もあります。

また、アレルギー反応は出にくいと言われていますが、こちらも「合金」で使用することが多いため、全く出ないとは言い切れません。

他にも、金メッキなどは剥がれる可能性があり、その時にアレルギー症状が出る場合もあります。

プラチナ
  • 鉱物として固くて上部
  • 手入れをする必要はあるが、頻度は低い
  • 資産価値が高い

憧れのプラチナは、なんと言っても存在感が違います。色はシルバーと似ていると感じるかもしれません。

こちらも、アレルギーは出にく素材と言われていますが、やはり「合金」にした素材により、反応が出る場合もあります。

購入する時は、お店の方とよく相談して選ぶようにしましょう。

  • お風呂などで付けっぱなしにすると、傷んでくる
  • 定期的にワックスなど手入れが必要
  • 柔らかく、腕にフィットする

革製のブレスレットを付けっぱなしでお風呂に入ると、縮んだり、油分が抜けて固くなったりしてきます。

お風呂やプールなど、水場では外すようにしましょう。

また、夏場など汗で匂いがでる事もあるので、定期的に乾かしましょう。

金属アレルギーに関しては、基本的に混ぜる金属はごくわずかです。

よほど敏感でなければ問題ないかと思いますが、知識として頭に入れておくといいと思います。

 

つけっぱなしにすることのメリット

ペアブレスレットを付ける場合、記念だったり、お守りの要素があったりと気持ちを支えてくれることも多いです。

いつも付けておくことで、ペアの相手を想ったり、存在が近くに感じるような気持ちになったりする事も多いと思います。

また、付けっぱなしをすることで、紛失しにくいというメリットもあります。

 

 

まとめ

  • つけっぱなしするブレスレットはハイブランドがおすすめ
  • つけっぱなしするブレスレットの素材は色々選べる
  • ハイブランドのブレスレットは、仕事中もさりげなくお洒落ができる
  • ハイブランドのブレスレットは、時計と重ね付けもできる

ハイブランドのブレスレットは、大人になってくると憧れるアイテムですね。

ブレスレットであれば、気軽に付けることができるので嬉しいです。

ハイブランドは、やはりそれなりに値段がするので、資産的価値もあります。

ひとつでも持っていると、自分の価値も上げてくれる気がしてきますね。

つけっぱなしで大人の輝きを楽しめる、ハイブランドのブレスレットを、記念日やご褒美にひとつ購入してみてはいかがでしょうか?

きっと大人としての自信を与えてくれる、アイテムになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました