アタオの財布が使いにくいって本当?実際の使用感と機能性を紹介

お役立ち情報

財布を選ぶ時、重視していることはありますか?

色や形、機能性、使いやすさ、ブランド、運気など、人それぞれ財布を選ぶ基準は様々ですよね。

そんな中、主人より「アタオ(ATAO)の財布を使ってみてはどうか?」という提案がありました。

恥ずかしながら、その時の私はアタオというブランドを知らず、主人から聞いて初めて知ったのがきっかけです。

実際使ってみると、薄い、軽い、かわいい、使いやすい!といいことだらけで、私はすごく気に入っています♪

しかし調べてみると「アタオの財布は使いにくい」という口コミも書かれていました。

みんなは何で使いにくいって思ってるんだろう?

では、本当にアタオの財布は使いにくいのか、実際使っている感想も含めてお話させていただきます。

 

 

アタオの財布は使いにくい?機能性とデザインの特徴

引用 アタオ公式HP

アタオの財布と言えば、長財布「Limo(リモ)」が有名です。

北川景子さんがドラマの私物として使っていたことで知名度が上がり、ファッション雑誌でも特集が組まれ、様々なメディアで紹介されています。

他にも、有名な女優さんが、実際の私生活で使っていることが知られています。

そんな「Limo」の特徴は、シンプルなデザインで、使いやすさを追求した、機能的な財布ということです。

それでは、アタオの財布にはどんな特徴があるのか、それに対して、どうして使いにくいと思われているのか、まとめました。

 

スマートで柔らかい財布

アタオの財布は、三つ折り型ミニウォレットもありますが、「Limo」という長財布が主流です。

長財布と言えば、かっこいいけれど、がっしりしていて、小さいカバンには入れにくいという、イメージがありますよね。

それに、カード類などもたくさん入りますので、分厚くなってしまい、かさばってしまうことも、長財布を使った事がある人には、あるあるの経験談です。

そのため、「長財布は使いにくい」と思われている方もいるみたいです。

しかしアタオは、そんな長財布のデメリットを克服するべく「スマートに使える長財布」をデザインしました。

「Limo」は長財布特有の硬い芯材が入っておらず、ふっくら柔らかい仕上がりになっています。

長財布を使いにくいと思っている人でも、薄くて柔らかいく、使いやすい長財布に、びっくりすると思いますよ。

 

L字ファスナー

「Limo」で特徴的なのが、「L字ファスナー」です。

一般的な長財布のファスナーは「コの字型」で、財布をぐるりと取り囲んでいるものが多いですよね。

「コの字ファスナー」のメリットは、財布が大きく開き、中を見やすくしていることと、中身をしっかりガードしてくれることです。

しかし、ファスナーテープ分厚みがあり、女性の手には収まりきらないぐらいの大きさがあります。

そこでアタオは、ファスナーを「L字型」にすることで、一般的な長財布と比べ、薄くてコンパクトな長財布をデザインしました。

コンパクトでも、お札スペース2か所、カードケース8枚、コインケース、フリーポケットと、一般的な長財布とほぼ変わらない収納力があります。

今まで「コの字型ファスナー」を使い慣れている人だと、「L字型ファスナー」に慣れるまで、使いにくいと思われるかもしれません。

しかし、コンパクトな分、女性の手でも持ちやすく、小さいカバンでも出し入れしやすくなっています。

 

ファスナー無しのコインケース

私が「Limo」で1番驚いたところは、ファスナーが付いていないコインケースです。

私は今まで、他の長財布を愛用していましたので、コインケースにファスナーが付いていることは、当たり前でした。

しかしアタオは、コインケースのファスナーをあえて省きました。

それにより、外側のL字ファスナーを開けるだけで、お札、コイン、カードまで、一度に見ることができます。

財布についている、あちこちのファスナーを開け閉めして、レジ前で焦ってしまうことも少なくなるでしょう。

しかし、慣れないコインケースに、「コインがこぼれてしまいそう」「財布の中でバラバラになりそう」という声も挙がっていました。

使い方によるかもしれませんが、実際使っていて、コインがこぼれたという経験は、一度もありません。

コインケースのポケットは、コインが落ちないよう、絶妙な高さで作られています。

さらに、コインケースにはマチが無く、財布を閉じるとコインケースも閉じられるよう工夫もされています。

これによりコインが、財布の中でバラバラになったり、財布を開けた時こぼれてしまったりすることはありません。

一度、ファスナー無しのコインケースに慣れてしまうと、一般的な長財布には戻れないかもしれないと思うほど、心地よく使っていますよ。

 

 

アタオの財布に書かれるネガティブな口コミについて

ネットで調べていると、アタオの財布が「気持ち悪い」や「ダサい」、「イメージと違う」という意見が、所々に見られました。

では、どういった点にそう思われているのか、口コミをまとめてみました。

 

気持ち悪いのは見た目の問題

アタオの「Limo」を購入した人で、下記のような口コミを挙げている人がいました。

  • 模様が細かくて、少し気持ち悪い
  • パイソンのうろこが気持ち悪い
  • つぶつぶが集まっているみたいで気持ち悪い

こんな声を聞いてしまうと、買いたいのに躊躇(ちゅうちょ)してしまいますよね。

気持ち悪いと思う原因に、見た目の問題が挙げられます。

アタオの財布は色々なシリーズがあり、中にはパイソンや、凹凸があるもの、クロコタッチもあります。

また、使われる革には個体差があり、うろこや、まだらの形状、大きさは、一つ一つ違います。

ネットの写真で「可愛い!」と思って購入しても、いざ実物を見てみるとイメージが違い、集合体やブツブツに恐怖感を覚える人は、「気持ち悪い」と感じてしまうようです。

 

ダサいと思うのは好みの問題

アタオの財布が「ダサい」と言われてしまうと、何となく使いにくくなってしまいますよね。

ネットに書かれていた「ダサい」という口コミは、下記のような意見です。

  • 三角のエンブレムがギターで使うピックみたい
  • お母さんが使っていてダサいと思ったけど、女優さんが使っていると知るとダサくなくなる不思議

口コミにもあるように、アタオのエンブレムやデザインが気になる人もいるようです。

同じ商品を見ても、捉え方は人それぞれなので「ダサい」と思われる人もいるでしょう。

それに、ダサいと書かれている口コミは意外と少なく、「見る人による好みの問題なのかな?」という印象を持ちました。

「Limo」には色々なデザインがありますので、自分好みのものがきっと見つかりますよ。

 

写真のイメージと違う

購入者レビューでよく書かれていたのが、「写真とイメージが違う」という声でした。

写真写りが良すぎて、実物を見ると色も少し違い、がっかりしてしまうようです。

財布をネットで購入される際、色を重視するなら注意が必要です。

対策としては、オンラインショップに掲載されている写真で判断するのではなく、アタオ公式インスタグラムで、購入したい財布を探してみてください。

より実物に近い写真が掲載されていますので、参考になるかと思います。

 

直営店へ行ってお気に入りを探してみよう

もしアタオの直営店が行ける距離にあるなら、お店で直接見て買う方がいいでしょう。

なぜなら、「Limo」は同じカラーでも一つ一つ微妙な違いがあり、見た目の印象は変わるからです。

財布は安い買い物ではありませんから、長く使うならお気に入りの財布がいいですよね。

直営店でしか扱っていない特別なデザインもありますので、きっと自分好みの財布が見つかるはずです。

 

 

アタオの財布は幅広い年齢層におすすめ

様々なカラーやデザインがあるアタオの財布は、幅広い年齢層に人気があります。

また、甘すぎない大人可愛い財布ですから、仕事や私生活どちらでも、活躍するアイテムになります。

楽天の購入者レビューを見てみると、特に30~40代の女性から多く選ばれているようです。

それでは、シリーズ別に人気の年齢層をご紹介します。

 

「ヴィトロシリーズ」は若い世代に人気

アタオで一番有名なシリーズが、「ヴィトロ」です。

ステンドグラスがキラキラしているような個性的なデザインなので、手に持てば注目を集めることができるアイテムです。

ステンドグラスのような美しい模様は、その窪み(くぼみ)一つずつ、職人が一滴一滴を流し入れて作っているので、同じ仕上がりのものは一つもありません。

特に、周りとは少し違う財布を持ちたいと思っている、若い世代に人気があります。

服装だけでなく小物にもおしゃれを取り入れたいなら、ピッタリのアイテムです。

 

ワンランク上の「パイソンシリーズ」

パイソンシリーズは、30代から40代の年齢層に人気があります。

パイソン(へび)と言っても、アタオの財布は、まだら模様が強調されている訳ではなく、柔らかい色で染めている物を使っているため、上品な仕上がりになっています。

長く使っていると、パイソン独特の使用感も出て、愛着がわくアイテムになっています。

 

幅広く人気の「ケリーシリーズ」

Limoシリーズの中でも一番正統派なのが、「ケリー」です。

30代以上の年齢層に人気があり、フォーマルな場面でも恰好(かっこう)がつく、洗礼されたデザインになっています。

アタオの人気バッグに使われている、上質な革で作られているので、使うほど馴染んでくるのが特徴です。

また、レザーの財布では珍しい、9色ものカラー展開があり、お気に入りを見つけることができるでしょう。

「Limo」の機能性は気になるけれど、「あまり個性的な財布は持ちたくないな…。」と思われているのでしたら、ぜひ「ケリーシリーズ」を使ってみてください。

 

 

まとめ

  • アタオの財布「Limo」は、今までにない機能性があるため、使いにくいと思われている
  • アタオの財布をネットで買う時は、個体差があることを考慮しなければいけない
  • アタオ公式インスタグラムで、実物に近い写真を見ることができる
  • アタオの財布「Limo」には色々なシリーズがあり、幅広い年齢層に人気

アタオの財布がなぜ使いにくいと思われているのかを調べてみましたが、写真とイメージとの違いや、コインケースの機能性について多く書かれていました。

私も最初は「使いにくいかな?」と思いましたが、慣れてくると、柔らかくて使いやすく、可愛いアタオの財布が大好きになりました。

財布選びに迷ったら、ぜひアタオの財布を候補に入れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました