営業マンが散髪する頻度は平均どのくらい?費用やオススメ髪型も紹介

お役立ち情報

営業マンにとって身だしなみは、とても重視されるポイントですよね。

スーツや靴だけでなく、髪型や口ひげなどにも気を遣わなければなりません。

そんな営業マンの散髪はどのくらいの頻度で行けばいいのでしょうか。

散髪は、スーツや靴のように代用品もなければ、使わないときの空いた時間で気軽にメンテナンスともいきませんよね。

そこで、営業マンが散髪する頻度はどのくらいなのかを調べました。

人によって髪の長さや、伸びる速さなどさまざまなので、一概には言えませんが、平均的な散髪の頻度や費用などご紹介いたします。

散髪に関して悩んでいる営業マンのあなた必見です。

 

 

営業マンはどのくらいの散髪頻度が理想?

信頼や結果を求められる営業マン。そんな営業マンは身だしなみも基本の一つです。

初対面の人は、約90パーセントが外見で印象を決めると言われているほど、外見は大事なのです。

スーツや靴、バッグなどをピシッと整えていても、髪型がボサボサだったり、寝癖のままだったりするとあまりいい印象は受けませんよね。

髪型は、身だしなみの中でもとても重要な部分になります。

ただ、一概に髪型と言っても、営業マンの髪型には押さえておきたいポイントがあります。

  • 清潔感
  • 黒髪
  • おしゃれ

営業マンは、髪の毛をワックスでピシッと固めているイメージがありますよね。

キメてるな~とは思いますが、とても清潔感もあっていいと思いませんか。

また、黒髪の営業マンは誠実で信頼できそうな印象もありますよね。

営業マンにとって信頼されることは、仕事成立への第一条件といっても過言ではありませんよね。

少しおしゃれな髪型にすることも、少しの余裕と自信があるような印象になります。

この人なら任せられる

そう思われるのも大事な仕事につながっていくのです。

やはり、髪型は印象にとても影響してくるので、気を遣いたいところですよね。

しかしながら、その髪型をキープするには、メンテナンス=散髪が必要です。

では、営業マンの散髪頻度はどのくらいなのかご紹介いたします。

 

理想は1ヶ月に1回

髪の毛は、1ヶ月に約1㎝伸びると言われているのをご存じですか。

「たった1㎝」と思うかもしれませんが、前髪で考えてみてください。

前髪が1㎝伸びるだけで雰囲気は結構変わりますよね。

髪の毛の「たった1㎝」は、髪型や見た目の印象を大きく変えてしまうのです。

それを踏まえた上で、身だしなみに気を遣う営業マンなどは、1ヶ月に1回の散髪が理想といえます。

 

 

散髪に行くタイミング

1ヶ月に1回の散髪が理想的とはいえ、頻繁に散髪へ行くことが面倒くさいと感じてしまうこともあるでしょう。

そこで、1ヶ月に1回でなくても散髪へ行くタイミングは色々あります。

  • えりあしやもみ上げなどが気になりだした時
  • 髪の毛の量が増え重たくなってきた時
  • セットがしにくいと感じた時
  • 大事なイベントや休暇の前

1ヶ月に1回の頻度だと少し早すぎると思うあなたには、上記のようなタイミングで散髪に行くことをおすすめします。

気になる箇所が出てきたり、髪の量が増えたりすれば、おのずとセットもしづらくなると思います。

また、髪の質でも散髪をする頻度が変わってくることもあります。

私の夫ですが、天然パーマに硬い髪質なので散髪して二ヶ月くらい経つと、もっさりしてしまいセットがとても大変なのです。

そのような髪質だと、散髪するタイミングが早く来てしまう可能性もあります。

そう考えると、身だしなみに気を遣う営業マンには、1ヶ月に1回の散髪がベストなのかなと思いますね。

自分の髪質なども把握できていれば、散髪に行くタイミングも掴めるかもしれませんね。

 

 

営業マンの散髪にかかる費用

髪型は、営業マンにとって大切なみだしなみのひとつ。

その髪型をキープするため、営業マンには定期的な散髪が必要になります。

しかし、定期的な散髪が必要なのはもちろんですが、やはり気になるのは散髪にかかる費用ですよね。

では、営業マンの散髪にかかる費用はどのくらいになるのでしょうか。

美容院、理髪店、カット専門店の相場を調べましたので、ご紹介いたします。

 

理髪店

理髪店では、3000~4000円が平均相場になります。

理髪店に通う人は、1~2ヶ月に1度のペースが多いようです。

ただ、まだ安い理髪店もあるようなので探してみてもいいですね。

 

美容院

一方美容院は、4000~7000円と理髪店より高めの価格設定で、平均が5000円くらいでした。

1ヶ月に1度の散髪には少しお金がかかってしまうので、美容院は2~3ヶ月に1度行く人が多いようです。

また、美容院は髪型をしっかり整えたいというあなたにはピッタリかもしれません。

 

カット専門店

お金はあまりかけたくないけど1ヶ月に1度散髪したいあなたには、カット専門店もおすすめです。

カット専門店は、名前の通りカットだけをしてくれるので、時間もさほどかかりません。

基本的に予約不要なので、思い立った時、立ち寄れるのも見どころですよね。

また、価格が一律1200円(税込)ととてもリーズナブルなので、費用を抑えたいというあなたにピッタリですね。

ただ、理髪店や美容院では、カット前後のシャンプーや髭そりまでしてくれるところもあります。

しかし、カット専門店はカットだけなので、そこを踏まえた上で来店することをおすすめします。

また、毎回通えるような散髪屋があると、店員さんにも覚えてもらえて、どのような髪型にしたいと伝えなくてもいつものようにカットしてもらえることもあるようですよ。

常連さんになれば、カットの時間なども把握してもらえるので、予約も取りやすくなるのではないでしょうか。

 

 

営業マンの散髪を自分ですることも可能

営業マンの身だしなみで、髪型が大事なことはわかりましたね。

しかし、散髪にそこまでお金をかけたくないことも確か。

また、営業マンは休みの日も仕事だったり予定が入っていたり、忙しいと散髪どころではないですよね。

美容院に行きたいけど、忙しくて時間がとれない

1ヶ月経って髪を切りたいけど、お金がもったいないな~

散髪をするためには、都合のいい日と時間も確保しなければいけません。

そんな時は、自宅でセルフカットするという手もあります!

意外にも営業マンや社会人の男性が、自宅でセルフカットしている人は多いようです。

家庭用のバリカンを使えば、費用もグンと抑えられ時間もとられません。

忙しくて美容院や理髪店に通えない営業マンは、自分で散髪することもいいかもしれませんね。

ただ、自分で散髪することにもメリット・デメリットがあります。

メリット
  • 時間を気にせず好きな時に散髪できる
  • 費用は最初のバリカン代やカットハサミだけで済む
  • 思い通りの長さに調節できる

やはりセルフカットは、時間や費用を気にせずにできるところが一番のメリットですね。

また、美容院や理髪店だと、店員さんが施術中に話しかけてきてくれますよね。しかし、中にはそれが苦手な人もいます。

そんな時に、セルフカットすることでそんな悩みも解消できそうですね。

また、家庭のある営業マンなら、奥さんに散髪してもらっている人もいるようですよ。

続いては、セルフカットのデメリットについて解説していきます。

デメリット
  • 後ろ髪は見えにくいので、うまく切りにくい
  • 慣れていないとまばらになる
  • 散髪後の後片付けが大変

セルフカットは、便利ではありますが、後頭部など自分では見えづらいところは切りにくいため、まばらになってしまう可能性もあります。

また、一番大変なのは後片付けです。髪の毛はどこに飛ぶかわかりませんし、なにより床へ落ちると取れにくいのが難点ですね。

私も夫に頼まれて何度か散髪をしましたが、好きな時に切れていいなぁと思う反面、片付けが本当に大変でした。

美容院や理髪店などは散髪専門店なので、髪の毛が床に多少残っているのは普通ですが、自宅だと少し気になってしまいますよね。

自宅でセルフカットする際は、片付けを考えて髪の毛が落ちても良いように新聞紙を敷いたり、お風呂場でカットしたりするといいですよ。

 

 

営業マンは散髪に加えて髪型も大事!

ここまで、営業マンの散髪について解説してきましたが、営業マンには髪型も大事な要素です!

散髪ですっきりさせることも大事ですが、やはり印象よく見せるためには、髪型も気にするべきところですね。

そこで、売れる営業マンの髪型をご紹介いたします。

いつもの髪型に飽きてきたら、散髪へ行ったついでにいっそのこと違う髪型にもチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

ツーブロック

ツーブロックは営業マンに一番人気の髪型ですね。

サイド、もみ上げ周辺、襟足など刈り上げてトップとの差をつける髪型です。

営業マンの髪型は耳や襟足に髪がかかっていないことが、いい印象を与えるのでツーブロックはもってこいですね。

また、余裕や自信があるように見せてくれるヘアスタイルなので、お客様受けはとてもいいようです。

 

ニュアンスパーマ

ニュアンスパーマは、ナチュラルな仕上がりになるパーマでこちらも人気の髪型です。

清潔感と爽やかさを与えてくれるヘアスタイルなので、営業マンにも適した髪型といえますね。

 

オールバック

オールバックは、クールでカッコいい雰囲気を出してくれる髪型です。

お客様に清潔感と安心感を与えるため、営業マン向きといえますね。

オールバックは、金融関係の営業マンが一番適した髪型になります。

 

七三分け

七三分けは知的でクールな雰囲気のある髪型になります。

オールバックのように前髪をあげて分ければおしゃれな雰囲気が作れます。

七三分けは、幅広い年代の方ができる髪型なので、「ツーブロックはちょっと若いかな」と感じているなら、七三分けを試してみても良いかもしれませんね。

 

ベリーショート

ベリーショートは、サイドにツーブロック、トップをベリーショートにする髪型です。

爽やかな雰囲気で元気かつできる男を演出してくれます。

すっきりした髪型でお客様にも好かれる髪型になります。

 

NGな髪型

上記のように、営業マンにもできる髪型はたくさんありますね。

しかし、営業マンにも向いていない髪型がいくつかあります。

自分の好きな髪型でも、相手にはあまりいい印象を受けない髪型もあるのです。

では、営業マンにNGな髪型をいくつかご紹介いたします。

NGな髪型
  • ロングヘアー
  • 坊主
  • 派手な髪色

ロングヘアーは、男性でもしている人も多く、おしゃれ上級者のイメージがありますよね。

しかし、営業マンのロングヘアーは清潔感を与えられず、あまり良い印象は受けられません。

髪を束ねていたとしても、髪が長いこと自体にあまりいい印象を受けないのでロングヘアーは避けたいですね。

また、坊主は一見スポーツマンらしく良い印象を受けそうですが、坊主にスーツは怖い印象を受ける可能性があります。

見た目が怖いと敬遠したり、警戒したりするので、営業マンに坊主は不向きと言えますね。

金髪などの派手な髪色はもっての外。営業マンなら派手な髪色は避けましょう。

実はこの派手な髪色に茶髪も入ってきてしまうのです。

「茶髪なら派手ではないしいいだろう」と思われがちですが、営業マンには茶髪もNGになります。

暗めの茶色ならいいとは思いますが、やはり黒髪の営業マンがお客様や取引先には好まれるようですね。

髪型以外がしっかりしていても、髪型のせいで悪い評価を受けることもあるので、髪型には注意したいですね。

 

 

まとめ

  • 営業マンの散髪頻度は1か月に1回が理想
  • 1ヶ月に1回の頻度でなくても、自分なりのタイミングで散髪しても良い
  • 営業マンの散髪にかかる費用は切る場所で差がある
  • 散髪に時間もお金もかけたくないなら自宅でセルフカットできる
  • 営業マンに向いている髪型はたくさんある

営業マンは、印象が第一条件というほど外見に気をつけなければいけません。

また、髪型はその人の印象をガラッと変えてしまうので、伸びたり形が崩れたりしてきたら散髪しましょう。

自分で散髪する頻度を決めれば、スムーズに予約や予定も入れられるのでいいかもしれませんね。

定期的に散髪して、相手から信頼してもらえるような営業マンを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました