クリスマスプレゼント早めに渡すなら何日前まで?!ベストな日を紹介!

お役立ち情報

あなたは、家族や大切な人へのクリスマスプレゼントをいつ相手に渡しますか?

季節が過ぎていき、少し肌寒くなってくると「クリスマス」というイベントを思い浮かべるのは、私だけじゃないはず♪

今年のクリスマスは何をプレゼントしたら喜ぶかな?

そうだ!今年は少し早めに渡すプレゼントも用意してビックリさせちゃお♪

クリスマスは、どんなプレゼントをいつ、どこで渡すのか考えるのも楽しいですよね!

今回の記事では、クリスマスプレゼントを早めに渡す場合、どのタイミングがベストなのかについてまとめていきたいと思います。

また、早めに渡す場合以外では、どんな渡し方をしているのかについても紹介していきますね。

この記事を読んで、あなたに合う最高のタイミングを見付けてください♪

 

 

クリスマスプレゼントを早めに渡すのは正解?

クリスマスプレゼントは渡したいのに、当日渡す事が出来ない場合もありますよね。

今年は仕事で当日サンタ役が出来なくなってしまった。どうしようかな。

クリスマス当日仕事が入っちゃった(泣)

クリスマスは、仕事の終わりが遅いから会いに行けないな…

このように、当日渡せないケースも珍しくありません。

そうなると、プレゼントを渡す機会は「クリスマス前」か「クリスマス後」の二択ですね。

できれば、25日を過ぎると街はクリスマスからお正月ムードへ変わってしまうので、25日までに渡したいところ。

渡す相手によって状況は変わるかと思いますが、プレゼントを早めに渡す場合、どのような方法が良いのでしょうか。

恋人と家族、2つの項目に分けてまとめていきますので、それぞれ見ていきましょう。

 

恋人へプレゼントを早めに渡す場合

それでは、恋人へ早めにプレゼントを渡す場合、必要なことから見ていきましょう。

  • 必ず事前連絡をする
  • デートはクリスマスに一番近い日を選び、プレゼント用意

たとえ仕事が忙しくても「連絡」は大切なパートナーに対して必要なマナーです。必ず忘れずに行いましょう!

当日会えないと事前連絡をする際は、「フォローの言葉」も忘れずに伝えると、さらに良い印象を与えることができますよ。

プレゼントを早めに渡す人の中には、このような工夫をして相手に渡している人もいたので、少し紹介したいと思います。

  • ディナーで相手が席を立ったすきにプレゼントをテーブルへ置く
  • 別れ際に「クリスマス当日は必ず電話するよ」など一言添えて、プレゼントを渡す
  • クリスマス前に渡すプレゼントは、持ち帰られるサイズや軽めのものを渡し、当日は郵送でフラワーアレンジメントなど本命のプレゼントを贈る
  • メッセージカードには、「当日電話をしよう」などの約束を書く
  • 普段口では恥ずかしくて伝えられなかった思いなどをメッセージカードに書く
当日、会うことが出来なくても工夫次第で思いを伝える方法はあるのですね♪

お子様へ早めにプレゼントを渡す場合

特に小さいお子様は、サンタさんの存在を信じています。また、「クリスマス」という日を心待ちにしていますよね。

お子様に対しては、ユーモアを交えた声掛けが必要となってきます。

また、早めに渡す場合、考えられるリスクもあるので、まずそこから見ていきましょう。

  • 早めに渡すことでサンタさんの存在がバレやすくなる
  • 友達が当日プレゼントをもらっているので、本人も欲しくなってしまう
  • クリスマス当日に何もないので、寂しさを感じさせてしまう

このようなリスクが考えられるので、お子様が早めにプレゼントをもらってもアフターフォローが必要になってきます。

それでは、事前に準備しておくべきことをまとめていきますね。

  • サンタさんの事情を大人の間で打ち合わせしておく
  • なるべくクリスマスに近い日を選ぶ
  • 事前に当日用も用意しておく
  • 祖父母からのプレゼントがあれば、クリスマス当日用として使わせてもらう

これらの事前準備をきちんと行っていれば、悪い方へ転ぶことはないと思いますので、おさえておいてくださいね。

それでは、工夫してクリスマスプレゼントを渡す方法をいくつか紹介していきたいと思います!

  • 「サンタさんからの挑戦状」と題して宝探し形式にする
  • 「サンタさん、あわてんぼうだから早めにきちゃったみたいね♪」とプレゼントを渡す
  • 「○○くんだけ特別!早めにあげるよ♪」と特別感を出したサンタさんからの手紙を添える

このような工夫を行うとお子様が楽しみながらプレゼントを手に入れられますし、早めのプレゼントだとしても良い思い出になるかと思いますよ♪

 

 

クリスマスプレゼントを子供や恋人へ渡す時の予算は?

クリスマスの季節になると花屋さんではポインセチアが並ぶようになり、クリスマスソングも街中で聞こえるようになります。

また「Merry Christmas」という文字が目に入るようになり、店頭ではたくさんのクリスマスプレゼントが並びますよね♪

あなたはクリスマスプレゼントをどのくらいの予算で選んでいますか?

ここでは、クリスマスプレゼントをどのくらいの予算で選ぶかに着目して調べたので、まとめていきたいと思います!

 

子供へ渡すクリスマスプレゼント予算の平均額

まず、子供へのクリスマスプレゼントについて、年齢別で見ていきましょう。

  • 0~2才 平均1,000円~3,000円
  • 3~6才 平均3,000円~5,000円
  • 小学生 平均5,000円~10,000円

年齢別だと、平均予算はこのようになっています。

クリスマスを理解していないと思われる0才児へは、買わない家庭もあるようです。

この場合は、クリスマスを楽しむ様子や雰囲気を一緒に楽しみ、見せてあげてくださいね♪

自分の意思をきちんと持てるようになってくる3才~6才児は、平均で3,000円~5,000円程度だそうです。

クリスマス時期、店頭には3,000円~5,000円程度のおもちゃが並びますよね!

子供と一緒にお店へ行き、欲しいものをリサーチするのも良さそうですね。

小学生になってくると、友達が持っている物をほしくなる年代ですよね。値段にも幅が出てくるので、候補をいくつか書いてもらう方法がおすすめです!

欲しいものをリサーチした後に、店頭だけではなくネットも活用して選ぶと予算内に収められますよ。

 

恋人へ渡すクリスマスプレゼント予算の平均額

 

次に、恋人へプレゼントを渡す時の平均予算をまとめていきたいと思います。

  • 10代 平均5,000円~10,000円程度
  • 20代学生 平均5,000円~10,000円
  • 20代社会人 平均10,000円~15,000円
  • 30.40代 平均15,000円~30,000円

私が調べたところ、恋人に対しての平均予算は、このようになりました。

中学生や高校生は、アルバイトをしていない人もいると思います。

したがって、値段は高過ぎず気持ちが伝わるプレゼントを選ぶことをおすすめします!

あまり高価なものを渡してしまうと、かえって気を使わせてしまうので、注意しましょう。

大学生や社会人だと、人によって予算の幅は広くなりますが、少し大人なプレゼントを渡したくなりますよね!

この場合は、上質で長く使えるものや一緒に楽しめる物を選ぶことがおすすめです。

30代~40代だと、多くの人が生活スタイルを確立されていますよね。

この場合は、相手の生活スタイルに添ったものをプレゼントすることがおすすめです。

値段というよりも日常的に使うことができるアイテムを見極めてプレゼントしましょう!

 

 

クリスマスプレゼントはいつ置く?渡す?

クリスマスプレゼントを渡す時、相手が喜ぶような演出をしたいですよね♪

通常通りクリスマスを過ごすことが出来る人たちは、どのタイミングでどこにクリスマスプレゼントを置くのでしょうか。

また、彼氏や彼女など恋人に対して直接渡す場合は、どのタイミングでクリスマスプレゼントを渡すのでしょうか。

調べてみると様々な工夫をされているものが見つかったので、一緒に見てクリスマスを成功させましょう!

 

家族に渡す場合

まず、家族に対してプレゼントを渡す場合から見ていきましょう。

子供
  • 24日の夜(真夜中)に枕元へ
  • 子供が起きる前に枕元へ
  • クリスマスツリーの下
  • ポストや玄関
  • クリスマス靴下の中
  • サンタさんからの手紙で宝探し
夫婦や兄弟・姉妹間
  • 24日の夜に枕元へ
  • 朝、相手が起きる前に
  • 夕食後
  • 席を立ったすきに置く
  • ポストや玄関
  • 一緒に買いに行く

お子様に対してのプレゼントは、準備段階で絶対バレてはいけませんし、プレゼントをしまっておく場所も気を付けなければなりませんよね。

また、夜中枕元にプレゼントを置く場合は、決して起こさないよう細心の注意が必要ですよね!私も毎年ドキドキです。

夫婦間や兄弟間でも渡し合っている方も多く、クリスマスは家族の仲を深める素敵なイベントだと改めて感じました。

 

恋人に渡す場合

次に、恋人への渡し方ですが、外出して過ごす場合と家で過ごす場合に分けてまとめていきたいと思います。

外出先
  • 本来のクリスマス期間である24日(日没)から25日(日没)まで
  • 一緒に買い物へ行く
  • デートの別れ際
  • ディナーを食べ終わった後
  • 店員に持ってきてもらえるよう仕込む
どちらかの家
  • 本来のクリスマス期間である24日(日没)から25日(日没)まで
  • デートの別れ際
  • 夕食を食べる前
  • 夕食を食べ終わった後
  • 二人でのゆったり時間に
  • 当日に届くよう仕込む
  • 簡単に見つかる場所へ隠す

このように、多くの人がクリスマス当日まで相手を喜ばせようと工夫して渡しています。

あなたも渡す相手の喜ぶ顔を見たいと思いますので、ぜひ作戦の一つとして盛り込んでみてくださいね♪

 

アドベントの期間も楽しもう

アドベントとは、「待降節(こうたいせつ)」とも言われていて、イエス・キリストの誕生を待ち望み準備する期間とされています。

アドベントの期間は、11月最後の日曜日からクリスマス・イブまで。

子供や恋人にクリスマスプレゼントを渡すまでの期間や、クリスマス・イブまでアドベントも楽しむことができます。

アドベントの期間を楽しむ方法がいくつかあるので、紹介していきます♪

  • アドベントカレンダーを毎日一つずつ開ける
  • クリスマスカードを作る
  • シュトーレンなどのお菓子を少しずつ食べる

私の家では、毎年アドベントカレンダーを作って子供と開けます。家族が笑顔になる時間を作って楽しむこともおすすめです

赤や緑を使ったクリスマスカラーで、「クリスマスリース」や「クリスマススワッグ」「キャンドルアレンジ」を飾るのも人気です。

手作りしなくても、クリスマスの時期になると店頭でも販売しているので、あなた好みの楽しみ方を見つけてくださいね!

 

 

まとめ

  • クリスマスプレゼントを早めに渡す場合、相手への思いやりが必要
  • 恋人には必ず事前連絡を行うこと
  • 子供に対しては、サンタさんからの手紙を添えて
  • 相手が喜ぶ選択をしよう
  • アドベント期間は、クリスマスに向けての準備やカレンダーで楽しもう
  • クリスマスプレゼントは、サプライズを仕込むとより楽しくなる

ここまで、クリスマスプレゼントを早めに渡す場合の方法や注意点、クリスマスの由来など紹介していきました。

あなたがクリスマスプレゼントを早めに渡す場合のヒントとなる内容は、ここで見つかったでしょうか。

私は、クリスマスのイベントは小さな頃から大好きで、大人になった今でも大切なイベントとして毎年楽しんでいます。

家族や恋人と幸せな時間を過ごすことができるクリスマス。

相手だけではなく、あなた自身も楽しい時間を過ごしてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました