アルミホイルはフライパンで使うと溶ける?安心して使う方法を紹介

お役立ち情報

フライパンで料理するときにアルミホイルを使うことは、ありますか?

アルミホイルは、煮物の落とし蓋として使ったり、フライパンに敷いてホイル焼きを作ったりします。

このように、アルミホイルは安くて便利な商品で、いろいろなことに使えますよね。

アルミホイルって溶けるのかな?

食べてしまった場合、体は大丈夫?

アルミホイルは便利ですが、フライパンで高温になった場合溶けるのか、気になりますよね。

私も使っていたのですが、一度不安になってしまって使いづらくなってしまいました。

それでも、便利だから使いたい気持ちはあります。

アルミホイルは溶けるのか、体へ影響があるのか分かれば、これから料理するときに安心して使えますよね。

アルミホイルをフライパンで使うと溶けるのか不安なあなたは、この記事を読んで、安心して料理しましょう!

 

 

アルミホイルはフライパンで使うと溶けるの?

アルミホイルは熱に強いのですが、溶けるんです。アルミホイルは、アルミニウムからできています。アルミニウムの融点は660度ですね。

したがって、耐熱温度は約600度くらいです。アルミホイルは様々な種類がありますが、低くても300度ほどの耐熱温度なんですよ。

フライパンの温度は、最高でも200度ほどです。したがって、フライパンで料理する分には問題なさそうですね。熱で溶けることはなさそうです。

しかし、アルミホイルは酸や塩分に弱いのです。フライパンで醤油や酢、塩などを使った料理に長時間使っていると、溶ける可能性がありますね。

落とし蓋として長時間利用するのは、避けたほうが良さそうです。

 

 

アルミホイルを敷いたフライパンは使っても大丈夫?

アルミホイルを敷いたフライパンは、使うことができます。

しかし、何をしても溶けないというわけではないですから、注意しましょう。

アルミホイルの外箱には、直接火が当たることを避けるように書かれています。

したがって、フライパンや鍋のような器具を使えばいいということですね。

 

アルミホイルは酸や塩分に弱い

先ほども説明しましたが、フライパンで料理する際、アルミホイルに直接火が当たらなければ問題ないです。

しかし、アルミホイルは酸や塩分にとても弱いんです。

梅干しを包んでいたら、アルミホイルに穴が開いた!

このような話はよく聞きます。梅干しには塩分も酸も含まれていますから、溶けてしまうんですね。

落とし蓋をする煮物には、醤油などの調味料が使われますよね。

醤油にも塩分が含まれていますから、アルミホイルは溶けやすいということになります。

 

アルミホイルが溶けた料理を食べても大丈夫なのか

アルミホイルは調味料として使う醤油や塩に弱いです。

そうなると、料理の際、アルミホイルを使っても大丈夫なのか、不安になりますよね。

料理の時、使えない?

そう思う人が多いと思います。アルミホイルが溶けてしまった料理を食べると、体に悪いのではないか、心配です。

しかし、アルミニウムは身近なところにたくさん潜んでいるんですよ!

例えば、野菜や穀物類、海産物や水などにも少量含まれているんです。

普段からアルミニウムを体の中に取り込んでいるんですね。

私たちは食品や飲料水、空気を通して日常的にアルミニウムを体内に取り込んでいますが、これらはほとんどが体外へ排出されます。

引用:東京都福祉保健局

日常的に取り込んでいるアルミニウムですが、ほぼ100%は体外へ排出されているようですね。

したがって、少し溶けてしまったアルミホイルを接種したとしても、体外へ排出されるので大丈夫ということになります。

長時間使うと溶けだす量も多くなってしまいます。何時間も使用するのではなく、短時間で済ませた方がいいですね。

 

アルミホイルの光沢面を使おう

微量のアルミホイルであれば、摂取しても大丈夫です。それでも、できるだけ溶けないようにしたいですよね。

アルミホイルには、光沢面とつや消し面があります。

工場生産の過程で起こることですから、それほど違いはありません。

アルミホイルは、溶けないほうがいいですよね。できるだけ防ぎたいという人は、光沢面に食材がくっつくように使うといいですよ。

光沢面は、つや消し面に比べて少しだけ溶けにくいんです!

それから、光沢面は火の通りも早くします。フライパンで作るホイル焼きは、光沢面に食材をのせるといいですよ。

 

 

アルミホイルはフライパンの蓋としても使える!

フライパンは、蓋とセットになっていないこともよくありますね。

そんな時は、アルミホイルです!アルミホイルは、フライパンの蓋としても代用することができますよ。

フライパンの蓋は、効率よく火を通す時や、蒸し焼きに必需品です。

 

アルミホイルでフライパンの蓋を作る

アルミホイルをフライパンよりも大きく切ります。切ったアルミホイルの4隅を折り曲げて、フライパンにくっつけます。

フライパンに対して、ふんわり蓋をしてあげることがコツです!後で取り外すときに楽ですからね。

 

アルミホイルの便利な活用法

アルミホイルはフライパンに敷いて使ったり、落とし蓋として使ったり、様々な使い方がありますよね。

この他にも、ごぼうの皮むきにはアルミホイルが最適です。

皮むきは、包丁の背でやる方法もあります。私も、昔は包丁の背で皮むきしていましたが、シンクに皮が飛び散って、とても大変でした。

しかし、アルミホイルで削るようにこするだけで、皮むきできるんです!

それに、ごぼうの皮や汚れが飛び散りませんから、シンクも汚れなくてすごく便利な方法ですよ。

それから、お餅を焼くときにアルミホイルがあるといいですね。

私はトースターでお餅を焼きますが、網にくっついてしまって大変です。

アルミホイルが敷かれている網の上に、お餅をのせるとあまりくっつかないです。

しかし、通常のアルミホイルではくっついてしまうかもしれません。

くっつかないアルミホイルというものがあるので、そちらを使用するととても楽ですよ。試してみてくださいね。

 

 

まとめ

  • アルミホイルをフライパンで使える
  • アルミホイルは酸や塩分に弱いので溶ける
  • アルミホイルが溶けてしまっても少しであれば食べても大丈夫
  • アルミホイルの光沢面を食材にあてる方がいい
  • アルミホイルは使い方が豊富にある

アルミホイルをフライパンで使った時、熱によって溶けることはないです。

しかし、酸や塩分に弱いので長時間の料理には向かないですね。

溶けてしまったものを食べても、少量であれば体外に排出されますから安心です。

アルミホイルは、落とし蓋やごぼうの皮むきにも使えますのでとても便利ですね。

アルミホイルをフライパンで使うと溶けるのか不安なあなたは、この記事を読んで、安心して料理しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました