紐通しおもちゃは100均だけで作ろう!作り方やおすすめ効果も紹介

100円均一

あなたは、お子さまに、どんなおもちゃを選んであげていますか?

私は、子どもが遊びながら学習ができるようなおもちゃを、選ぶようにしています。

紐通しおもちゃは、遊びを通して「手先が器用になる、集中力が鍛えられる、自己肯定力が高まる」と言われています。

子どもにとってこんなに良い効果があると言われてる紐通しおもちゃが、手作りで、なおかつ100均で材料を揃えられるなんて、魅力的だと思いませんか。

100均で揃えるなんて、安っぽくならない?

そんなことはないんですよ!

ガーランドのようなお部屋飾りにも変身しちゃうくらい、おしゃれなものまで、作れるのです。

100均だけで材料が揃う、おしゃれな紐通しおもちゃの作り方をみていきましょう。

 

 

紐通しおもちゃは100均にある材料で簡単に作れる

100均で材料を揃えることのできる紐通しおもちゃには、大きく2種類あります。

「ビーズタイプ」紐通しおもちゃと、「ボードタイプ」紐通しおもちゃです。

まずは簡単な、ビーズタイプの作り方からみていきましょう。

ビーズタイプと言いますが、必ずビーズでなければいけない、というわけではないんです。

今回は、子どもが扱いやすい大きさのボビンを選びました。

【ビーズタイプ紐通しおもちゃの作り方】

  1. 100均で、モールとボビンを買います。
  2. ボビンでなくても、大きい穴のビーズや、タピオカ用ストローを2~3cmくらいに切っても代用できます。
  3. ボビンをモールに通して遊ばせてあげましょう。

これだけで、完成なの?

これだけで、ビーズタイプの紐通しおもちゃは完成です。

ただしモールを使う場合、先端に気をつけて遊ばせてあげてくださいね。

モールに慣れてくれば、通す紐をまっすぐ持ちにくい靴紐に代えて、難しくしてあげても良いですね。

次に、ボードタイプの作り方もみていきましょう。

【ボードタイプ紐通しおもちゃの作り方】

  1. 100均で、紙皿・紐・穴あけパンチを買います。
  2. 紐はファイル用の綴じ紐や靴紐等、先端が細くなっているものにしましょう。
  3. 穴あけパンチで、紙皿に、等間隔の穴をぐるっと一周、開けていきます。
  4. 紙皿へ好きなように紐を通して、遊ばせてあげましょう。

用意するものも少なくて、簡単に作ることができるのね!

紐の種類や、紙皿をキャラクター柄に変えてあげることで、長く遊んでくれるような工夫ができますね。

 

 

紐通しおもちゃをいろんな材料で手作りしてみよう

手作りの紐通しおもちゃには、クリアファイルやフェルトを作ったものもあります。

【クリアファイルを使った、冠の作り方】

  1. ウェブサイトで好きな型のテンプレートをプリントアウトする。(2.5cm×2.5cm位が遊びやすいサイズです)
  2. クリアファイルに挟み込み、ボールペンを使い、型を書き写す。(フリクションを使えば残った線を消すことができます)
  3. クリアファイルを型通りに切り取る。
  4. 真ん中にパンチで穴をあけて、完成です。
  5. 紐を結んで頭に乗せれば、冠ができます。

様々な色のクリアファイルを使えば、カラフルで見た目にもかわいらしい紐通しおもちゃに仕上げることができます。

【フェルトを使った、電車の作り方】

  1. 好きな色の粘着タイプフェルトを、タテ7cm×ヨコ5cmに切る。
  2. ストローも、5cmの長さに切る。
  3. フェルト粘着面の真ん中に、ストローを置き、貼り合わせます。
  4. 1cm角に切った水色のフェルトを、3枚貼って窓にします。
  5. これに紐を通していき、遊ばせてあげましょう。
  6. 紐の端と端を、壁に貼り付ければ、おしゃれな手作りガーランドにもなります。

フェルトの色を変えるだけで、見た目も楽しくなるような電車ができますね。

こうして簡単に手作り紐通しおもちゃが、どんどん作れます。

お子さんと一緒に作ることができたら、もっとアイデアが出てきて、楽しくなりますね。

 

 

紐通しおもちゃで遊ぶメリットと注意点

紐通しのおもちゃで遊ぶことで得られるメリットはたくさんあります。

紐通しという遊びを通じて、どのような力が鍛えられるのか、具体的に見ていきましょう。

 

手先が器用になる

小さな子どもは、日常生活で指先を動かすこと自体少ないので、紐通しをすることにより、練習ができます。

はじめは、簡単なものから遊ばせて、徐々に難しくしていくことで、指先の機能を高めていくことができるため、おすすめと言われます。

私は、手先が器用になるかどうか、生まれつき決まっていると思っていましたが、鍛えることができるものなら、今からでも子どもにたくさん練習させてあげたいです。

 

集中力が鍛えられる

遊びを通して、楽しみながら繰り返し集中力を鍛える訓練ができるため、おすすめと言われます。

また、集中して物事を達成した時に「褒めてあげる」とやる気に繋がるので、継続して遊んでくれやすくなります。

私の子どもは、褒められるたび、誇らしそうな顔になるので、私も嬉しくなります。

どんどん褒めてあげて、親子で楽しく遊びましょう。

 

達成感が得られる

成功するまで、チャレンジを繰り返すため忍耐力を鍛えられます。

チャレンジを繰り返し、物事を達成したときの「できた!」という経験が、満足感に変わり、子どもに自己肯定感を持たせる効果があるため、おすすめと言われます。

子育てをしている中で、子どもに自信を持たせてあげるって難しいことですが、紐通しおもちゃを使うという具体的な方法を教えてもらえると実践しやすいですね。

 

紐通しおもちゃで遊ぶ際の注意点

紐通しおもちゃで遊ばせる際に、パーツの誤飲には注意する必要があります。

誤飲事故は、小学生入学前くらいまで起こる可能性があります。

子どもの行動は予測がつかないことばかりなので、遊ぶ際にはできる限り、子どもから目を離さないようにしましょう。

また、保管場所や保管方法もしっかり決めて、注意して遊ばせてあげることが大切です。

市販のおもちゃと違い、手作りおもちゃは、使いやすいように工夫することもできますが、安全面によく注意する必要がありますね。

でも、お子さまの遊びやすい大きさやレベルに合わせて作ってあげられるところが、手作りの良さなので、安全に注意しながら、積極的に取り入れましょう。

 

 

紐通しおもちゃの年齢別おすすめ商品をご紹介

紐通しおもちゃは、100均で材料を揃えて、簡単に作ることができました。

でも、お子さまの年齢におすすめな紐通しおもちゃは、「ビーズタイプ」か「ボードタイプ」どちらかわかりますか?

そこで、実際におもちゃメーカーから発売されている、年齢別おすすめの紐通しおもちゃをみていきましょう。

今回は、児童館等でよく見かける「ボーネルンド」と、幼児向け知育玩具が豊富な「七田式」を参考にさせていただきます。

 

1歳におすすめの紐通しおもちゃはビーズタイプ

「つまむ・通す」など指先も使うことができるようになり、指先遊びを通して、色・数・形など様々な新しい概念を学びます。

引用:七田式

それでも、まだ自分の思い通りに指先を動かすことは難しい時期なので、できるだけ大きなサイズを選んであげる必要があります。

つまり、「ビーズタイプ」を選び、通すアイテムは、比較的大きなボビン等を選んであげるほうが良いでしょう。

 

2歳におすすめの紐通しおもちゃはビーズタイプ

自分のからだをコントロールする力がついてきて、様々な動作にチャレンジする頃です。

そのため、「ビーズタイプ」を選び、通すアイテムは、タピオカ用ストローを切ったもの等、比較的小さめにしていき、難易度をあげていきましょう。

引用:ボーネルンド

「ビーズタイプ」で物足りなくなってくるようなら、「ボードタイプ」にチャレンジしていくこともおすすめの頃です。

 

3歳におすすめの紐通しおもちゃはボードタイプ

考える遊びを追求する時期なので、好奇心や探求心を刺激し、「できた!」という達成感を積み重ねていくことが大切です。

引用:七田式

自分で考え、工夫ができるようになるので「ボードタイプ」を選んであげましょう。

子どもによって、得意不得意もあるので、嫌がるところを無理矢理にさせる必要はなく、あなたも一緒に楽しんで遊んであげましょう。

 

 

まとめ

  • 紐通しおもちゃは、100均で材料を揃えて作ることができる
  • 紐通しおもちゃは、アイデア次第でガーランド等も作れるので、100均で様々な材料を買ってみよう
  • 自己肯定感を持たせる等、良い効果があるけれど、誤飲事故に注意する必要もある
  • 年齢別に指先や体を使ってできることが変わってくるので、紐通しおもちゃには、それぞれにおすすめのタイプがある

お子さんが大きくなれば、一緒に100均で材料を選び、作っていくことも楽しんでいけますね。

インテリアとしても活用できるので好きな材料をたくさん使って、お部屋をかわいく彩っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました