切り花を長持ちさせるにはハイターが効果的!長く楽しむコツも紹介

お役立ち情報

綺麗なお花を家に飾れるのは嬉しいけど、なかなか長持ちしないからなぁ…。

いただいた花束。すぐに水が汚れてきてしまって、元気がなくなるから悲しいよ。

こんな思いで肩を下ろしたことがある人は、少なくないのではないでしょうか?

お花は枯れてしまうものですが、できることなら長持ちさせて、きれいなお花を長く楽しみたいですよね。

そんなときは、ハイターを使うことで切り花を長持ちさせることができます。

今回は、切り花を長く楽しむためにハイターを使った簡単なテクニックや、切り花の基本的な扱い方や長持ちさせる方法をご紹介します!

この記事を読んで、お花をおうちに飾って気分転換してみたり、季節感を味わってみるのはいかがでしょうか?

 

 

切り花を長持ちさせるにはハイターがおすすめ

どの家庭にもあると言っても過言ではない「ハイター(漂白剤)」

家庭では、キッチンで布巾やまな板の除菌で使われると思いますが、そのハイターの除菌効果は、切り花を長持ちさせる上で利用することができます。

  1. 清潔な花瓶を用意する
  2. 花瓶に水300ccに対して、ハイター(漂白剤)を1滴加えてよく混ぜる
  3. そこに切り花を生ける

ハイターの除菌効果によって、水が汚れるのを遅らせてくれるので、結果、水を長持ちさせることができます。

しかし、除菌効果はずっと続くものではありません。

完全に水の汚れを防ぐことはできないので、日々、お花を眺めるとともに、花瓶の様子も確認して、適度に水替えを行なっていきましょう!

また、ハイターを使用するにあたった注意してほしいポイントがあります。

ハイターは、私たちが手袋をして扱うように、直接触れると肌荒れを起こしてしまいます。

お花も一緒で、量を守らないとかえってお花を痛めてしまい、大事なお花が早くダメになってしまうのです。

必ず「水300ccに対して、ハイターは1滴」この量はしっかり守りましょう!

もし、難しいようであれば、普段は水替えを日課として日々行なって、出張や帰省といった家を空けるときの状況に合わせて、ハイターを使用する方法が良いのかもしれませんね。

 

切り花を長持ちさせる簡単な方法ご紹介

切り花が手に入った際、1番始めにやるべきことは「水切り」です。

「水切り」とは、いくつかある「水揚げ」の手法の1つで、最も基本的な方法のことです。

この方法を正しく行うか、行わないかで、楽しめる期間は変わってきてしまうので、ぜひチェックしましょう!

お花を手に入れたら、すぐ花瓶に活けるのではなく、まず「水切り」です。

水切りの方法は下記の通りになります。

  1. バケツや洗面器などの深さのある容器に水をたっぷり入れたものを用意する
  2. 茎を水の中に入れ、なるべく深い場所で茎を1〜2cmほど切る
  3. そのまま茎は水から出さずに、1時間ほど水につけて、水を吸い上げさせる
  4. 花瓶に移す

「なんで水の中?」と思いますよね。私も知るまでは、何も考えずにキッチンなど水の外で茎を切っていたため、この方法を知った時は驚きました。

水の中で茎を切ることによって、導管の乾燥を防いだり、茎の中に空気が入らないので水をスムーズに吸い上げることができるのです!

 

茎の切り方4種類と使い分け方

上記では、水切りの方法をご紹介しましたが、プラスαでお伝えしたいことがあります。

それは「お花の種類によって茎の切り方を変える」ということです。

人と同じようにお花にも、それぞれ扱い方があるということですね♪

それでは、茎の切り方を4種類ご紹介していきたいと思います!

 

斜めに切る

1つ目は、茎を斜めに切る方法です。この切り方は、茎に硬さがある下記のお花におすすめの切り方です。

  • バラ
  • ユリ
  • カーネーション

斜めに切ることで、切り口の面積が大きくなり、それによって水に触れる面積が増えるので、多く水を吸い上げることができます。

 

水平にまっすぐ切る

2つ目は、とっても簡単、水平にまっすぐ切る方法です。

茎をまっすぐ切るのに適しているお花は、下記になります。

  • ガーベラ
  • チューリップ
  • ひまわり

茎の中が、空洞になっているお花や、茎が柔らかく、水に弱いお花は、斜めに切らない方法が良い場合もあります。

切り口が大きいことで、雑菌が繁殖しやすく、茎が早く弱ってしまうこともあるので注意しましょう!

 

折る

3つ目は、茎を折る方法です。茎が折れやすいお花は、茎を切るのではなく、折ってみましょう。

そうすることで茎の先がほぐれて、断面積が大きくなり、より多くの水を吸い上げることができます。

  • キク
  • リンドウ
  • トルコキキョウ

これらは、茎を折るのに適しているので、お花を買った際は、ぜひこの方法でお花を生けてみてください。

 

割る

4つ目は、茎を割る方法です。茎が太いものや枝ものは割ると良いでしょう。

  • サクラ
  • ミモザ
  • ヒペリカム

茎に対して、垂直に一字か十字にハサミを入れることで、水を吸い上げやすくしてくれます。

 

 

切り花を長持ちさせるにはサイダーも活用しよう

水切りと茎の切り方まで分かりましたので、次の段階に進んでいきましょう。

次に頭に浮かぶ疑問は「2日目以降は何をするべきなのか?」ですよね。

切り花は、一般的に春や秋なら1週間〜10日、夏だと4〜5日、冬なら10〜2週間持つとされています。

ここでは、どんな季節でも長く楽しむために、初日以降にできることをご紹介したいと思います!

 

栄養を与える

お花やさんでよく目にする、延命剤の他にも、「サイダー」も効果を発揮するので、紹介していきます。

植物は、糖をエネルギーに変えてすくすく成長したり、花を咲かせることがわかっているので、ここでサイダーの出番です。

手軽な砂糖を使用する方法もありますが、サイダーの方が一枚上手なのです!

サイダーなどの炭酸飲料には「果糖ブドウ糖液糖」という糖分が含まれていて、普通の糖よりも粒子が小さいことで、お花に吸収されやすいそうです。

つまり、栄養が十分に行き渡りやすいので、お花が元気になるということですね♪

糖は花瓶の水に入ると、バクテリアの栄養にもなり、繁殖を促してしまいます。

しかし、サイダーの炭酸ガスには、静菌作用という効果があって、ただ単に砂糖を入れるよりも、バクテリアが繁殖しにくくなるという嬉しい効果があります。これは試す価値ありですね!

 

花瓶を清潔に保つ

切り花は花瓶に移してからしばらくすると、バクテリアが発生してきます。

そして、花瓶を掃除せずにこれらを放置しておくと、水がどんどん濁ってきたり、茎がぶよぶよになって腐ってしまったりしてしまいます。怖いですね…。

また、清潔を保ち、長持ちさせて楽しむために「水替え」だけでは、残念ながら長持ちしません!

清潔を保つうえで重要なポイントは「花瓶の洗浄+水替え+茎を切る」はセットで行うことです。

花瓶は、食器用洗剤でOKなので、スポンジに付けて手が届く限りしっかり洗います。

そして、きれいな水を入れ、茎はその都度少し切ってあげると、水を吸い上げやすくなるので、この3つの作業は、ぜひ一緒に行ってくださいね!

 

 

まとめ

  • お花の茎は水の中で切る
  • お花によって、茎の切り方を工夫する
  • 長持ちさせるには、清潔を保ち、さらに栄養を与えると良い
  • 清潔を保つには「花瓶の洗浄+水替え+茎を切る」はセットでおこなう
  • 家を空ける際は、ハイター(水300ccに対してハイター1滴)を活用する

ここまで、切り花を長持ちさせる方法や、ハイターを使った長持ちテクニックをまとめていきましたが、みなさんのお役に立つ情報はありましたか?

上記のポイントを抑えれば、あなたの大事なお花もきっと長く楽しむことができます。

そのために、まずは1つでも試してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました