ティファニーのブレスレットはつけっぱなしOK?注意点やお手入れ方法

お役立ち情報

ティファニーには、ネックレスや指輪はもちろん、ブレスレットなど様々なアクセサリーがあり、とても魅力的ですね。

そして、ブレスレットなど大切なアクセサリーは、お風呂などでも、つけっぱなしにしていたい場合が多いのではないでしょうか。

ティファニーのブレスレットって、つけっぱなしにしてても平気?

どんな素材のアクセサリーなら、つけっぱなしでも大丈夫なの?

そこで気になるのは、ブレスレットをつけっぱなしにすることで、アクセサリーの劣化(れっか)や肌への影響がないのかということ。

結論から言いますと、ティファニーのブレスレットをつけっぱなしにすることは、あまりおすすめしません。

今回は、つけっぱなしをおすすめしない理由や、素材に合ったお手入れ方法など解説します。

ティファニーのブレスレットはつけっぱなしで大丈夫?

ティファニーに限らず、ブレスレットなどの大切なアクセサリーは、肌身離さず着けていたいですよね。

しかし、素材によっては、つけっぱなしでいることで、変色や劣化などの原因となってしまう可能性があります。

また、ティファニー公式HPでは、変色など防ぐため、素材や作業内容によっては、外すことをおすすめしています。

つけっぱなしでお風呂はOK?

お風呂や旅行先の温泉など、失くすリスクを考えると、できるだけ外したくない場合もありますよね。

お風呂の場合は、ブレスレットをつけっぱなしでも問題ありません。

湯船もOKですが、入浴剤の種類によっては注意が必要です。

プラチナやゴールドはもちろん、変色しやすいとされるシルバーも、水には強い素材です。

一方で、温泉の場合、成分によっては化学反応を起こし、変色・変質してしまう可能性があります。

温泉に含まれる硫黄(いおう)や硫酸(りゅうさん)ナトリウムなどで、黒く変色してしまうことがあるのです。

市販の入浴剤にも含まれている可能性があるので、要注意!

温泉で特に気をつけたい素材は、プラチナや純ゴールド以外の金属です。

ゴールド自体は、変色しない素材ですが、K18ゴールドには、シルバーや銅など変色しやすい金属が混ざっているため、影響を受ける可能性も。

シルバーやゴールドは、温泉の成分が分からない場合など、出先での入浴時には外しておく方と良いかもしれませんね。

さらに気を付けたいのは、宝石がついているデザインの場合です。種類によっては、変色やひび割れの原因となる可能性もあります。

OKな宝石NGな宝石
ダイヤモンドパール
ルビーターコイズ
サファイア などラピスラズリ など

つけっぱなしでも問題がないのは、ダイヤモンドやルビーなど、硬度の高い宝石。温泉もOKです。

パールやターコイズなどは、水に弱いので、入浴時には外しましょう。

ティファニーブレスレットには、ダイヤモンドなど、つけっぱなしでも問題のない宝石を使っていることが多いです。

しかし、中には、水に弱い素材のパールが使われているブレスレットもあるので、要注意。

つけっぱなしで寝るのはOK?

就寝時、お守り代わりで身につけておきたい、という場合もありますよね。

しかし、ブレスレットなどのアクセサリーを着けたまま寝ると、枕やシーツに引っ掛かってしまう可能性があります。

その結果、寝具を痛めたり、ブレスレットのチェーンが壊れてしまったりなんてことも。

そういった点では、寝るときにブレスレットなどのアクセサリーは、あまりおすすめできません。

つけっぱなしで起こる問題とは

ブレスレットなどのアクセサリーは、素材にもよりますが、つけっぱなしでも問題はありません。

しかし、常時つけっぱなしにしていることで、出てくる問題もあります。

  • 肌荒れや金属アレルギーを起こす可能性がある
  • アクセサリーがくすむ原因になる

ブレスレットをつけっぱなしにしていることで、ブレスレットと肌の間には、湿気が溜まります。

湿気は吸着剤となり、チェーンや石座(宝石を乗せる座)の隙間に、水垢や皮脂よごれが付着してしまうのです。

その結果、汚れたブレスレットが肌に触れていることで、肌荒れの原因に。

特に、夏場は汗をかくので、要注意。汗で流れ出した金属の成分によって、もともと金属アレルギーでない人でも、アレルギー反応を引き起こす可能性もあるのです。

また、皮脂や汗汚れなどを放置しておくと、ブレスレットがくすんでしまう原因にもなります。

汚れが溜まる原因となる湿気をこもらせないように、お風呂上がりなどは、一度外して拭き取ると良いでしょう。

ティファニーのブレスレットに使われている素材は?

一般的に、ブレスレットで使われている素材は、シルバーやゴールド、プラチナです。

ティファニーのブレスレットには、主に「スターリングシルバー」「18Kゴールド」「プラチナ」が使われています。

調べていると、「スターリングシルバー」や「18Kゴールド」のブレスレットが多い印象。

では、それぞれ素材の特徴や注意点をみていきましょう。

スターリングシルバー

ティファニーのブレスレットで、使用されていることが多い、「スターリングシルバー」。

スターリングシルバーって、シルバーと何が違うの?

シルバーは、日本語では「銀」と言い、元素鉱物(げんそこうぶつ)の一つ。

元素鉱物とは、単独の元素からなる鉱物のことです。金属では、自然金や自然銅など。

シルバーは、純粋(じゅんすい)な状態では、とても柔らかく、手で簡単に曲げられるほどです。

そのため、複数の金属が混ざった「合金(ごうきん)」にすることで、耐久性をアップさせます。

合金にするため、混ぜ合わせる金属のことを「割金(わりがね)」と言います。

そして、合金にすることで、耐久性だけなく、「加工がしやすくなる」「金属の色を変える」と言ったメリットもあります。

「スターリングシルバー」と呼ばれるシルバーは、純銀92.5%、銅7.5%の二元合金です。

割金に銅のみを使用しているシルバーは、「スターリングシルバー」と名乗ることができます

スターrングには、「価値のある」「信頼できる」「本物」などの意味を持ちます。

銀の黒ずむ原因である、硫化(りゅうか)がもっとも起こりにくいのは、銀含有率92.5%の状態と言われており、そのため「スターリングシルバー」と呼ばれているのです。

他にも「SV925(きゅうにいご)」と呼ばれるシルバーがあり、スターリングシルバー同様、純銀92.5%使用されています。

「スターリングシルバー」と「SV925」の違いは、何を割金として使用しているかということ。

SV925の場合、銅以外にニッケルやコバルト、亜鉛(あえん)、アルミニウムが含まれていることもあります。

スターリングシルバーの特徴
  • 金属アレルギーを起こしにくい
  • 変色しにくい

シルバーは、金属アレルギーの原因である、銀イオンが溶け出しにくい金属です。

そのため、金属アレルギーを起こしにくいという特徴があります。

SV925には、割金にニッケルや亜鉛など、金属アレルギーとなりやすいものが使用されています。

その一方で、スターリングシルバーには、「銅」だけしか使われていないので、安心です。

しかし、まれに銅がアレルギーという場合もあるようなので、要注意。

また、スターリングシルバーは、変色しにくいという特徴があります。

他のシルバーと比べ、変色しにくいですが、潮風や塩素、硫黄、湿気、汗、化粧品、家庭用漂白剤、強い化学物質などに触れることで、変色する場合もあります。

したがっt、変色の原因となるものに触れない限り、つけっぱなしでも大丈夫ですが、触れる場合は、外した方が良さそうです。

18Kゴールド

18Kゴールドも、ティファニーのブレスレットで使用されることが多い素材です。

18Kの「K」は、「Karat(カラット)」の略で、質量という意味があります。

つまり、金がどれくらい入っているかを表しているのです。

金には、18Kや14K、24Kなど、いくつかの種類があります。

中でも、18Kは、純金が全体の75%含まれているものを指します。

残り25%は、銀や亜鉛、銅、パラジウムなどの金属が混ざっているのです。

18Kの特徴
  • 変色しにくく、耐久性も高い
  • 価値が高い
  • アレルギーを起こしにくい
  • カラーバリエーションが豊富

金は、変色しにくく、耐久性にも優れています。そのため、価値が高いことでも知られています。

全体の75%を金が占めている18Kは、とても柔らかく、加工しやすいので、アクセサリー素材に適した金属なのです。

また、18Kには、金以外の金属も25%含まれており、その種類によって色味が変わります。

ゴールドの種類特徴
イエローゴールド・変色に強く、高度も高い
・金以外に、銀と銅が混ざっている
ピンクゴールド・金以外に、銀と動画混ざっている
・イエローゴールドに比べ、銅の割合が高い
・イエローゴールドやホワイトゴールドより硬度が高め
銅を多く含むため、変色しやすい
ホワイトゴールド・金以外に、銅とパラジウムが混ざっている
・白くするために、ロジウムという金属でコーティングされている
・長時間使用すると、コーティングが剥がれてしまう可能性もある

さらに、金の純度が高いため、金属アレルギーを起こしにくいことも特徴です。

ただし、割金として使用されている金属の種類によっては、アレルギーを引き起こす可能性があるので要注意。

シルバー同様、素材にもよりますが、潮風や塩素、硫黄、湿気、汗、化粧品、家庭用漂白剤、強い化学物質などに触れてしまうと、変色する可能性があります。

プラチナ

プラチナは、白い色と輝きを持つ貴金属で、「白金(はっきん)」とも呼ばれています。

そして、プラチナはレアメタルと呼ばれる、希少金属の一つ。

採掘量は、年間の1/20程度あり、金と比べても希少性が高いです。

プラチナの特徴
  • 柔らかい性質で加工がしやすい
  • 金属アレルギーを起こしにくい
  • アルカリや酸に強く、変質・変色の心配が少ない

プラチナは、アルカリや酸に強いという性質があります。

温泉に含まれる硫黄や汗などの影響を受けにくく、変色などの心配が少ないのです。

そのため、プラチナアクセサリーを1日つけっぱなしにしていても大丈夫です。

ただし、プラチナは長く着けていると、歪みや傷がついてしまう場合もあるので、定期的なお手入れをしましょう。

ティファニーブレスレットのおすすめお手入れ方法

ティファニーのブレスレットは、適切なお手入れをすることで、いつまでも美しく保つことができます。

シルバーやゴールド、プラチナ、それぞれの素材に合ったお手入れ方法を解説していきます。

ティファニーブレスレット以外のアクセサリーにも使える方法なので、ぜひ参考にしてください。

ティファニー公式HPには、ティファニー製品のお手入れ方法が書いてありますので、そちらもぜひ参考にしてくださいね

「スターリングシルバー」普段のお手入れ方法

スターリングシルバーは、他のシルバーより変色しにくいという特徴があります。

しかし、長く使っていることで、変色や黒ずんでしまうこともあります。

シルバーアクセサリーが黒ずんでしまう原因は、身につけた際ついてしまう汗や皮脂。

汗や皮脂に含まれる硫黄成分が、シルバーを硫化させることで、黒ずんでしまうのです。

つまり、シルバーアクセサリーの黒ずみ予防には、アクセサリーに付いた汗や皮脂を取り除けばOK。

シルバーアクセサリーを外した際に、クロスなどで拭き取るだけでも効果抜群ですよ。

ティファニーアクセサリーを美しく保つためには、日々のちょっとしたお手入れが大切なのです。

私も久しぶりに、結婚指輪をクロスで磨いてみました。軽く拭き取るだけでも、クロスが真っ黒になるので、毎日のお手入れは必要だなと改めて感じました!

外している時は、購入時付属されている、ブルーのフランネルポーチに入れておくと、変色を防ぐことができます!

「スターリングシルバー」黒ずみの落とし方

シルバーの黒ずみを作らないためには、定期的なお手入れが大切です。

しかし、黒ずみができてしまった場合、クロスで拭いても落とすことはできません。

シルバーの黒ずみは、「アルミホイル」と「重曹(じゅうそう)」を使えば簡単に取り除くことができるので、おすすめ。

重曹の化学反応を利用して、取り除く方法です

黒ずみの落とし方
  1. 耐熱容器に、アルミホイルを敷く(受け皿のようにする)
  2. その上に、シルバーアクセサリーを置く
  3. 熱湯3:重曹1の割合で、アクセサリー全体が浸(ひた)るくらいまで注ぐ
  4. お湯が冷めたら、シルバーアクセサリーを取り出し、水で軽く洗う
  5. タオルやクロスなど柔らかい布で、水気を拭き取る

また、お家にあるアイテムを使った方法以外で、専用お手入れグッズも多く販売されています。

研磨剤入りクロスや、浸けておくだけの液体クリーナーなど、専用グッズを使用すると、簡単で便利です。

「TOWN TALK(タウントーク)」の液体クリーナーは、値段もお手頃でおすすめ。

タウントークは225ml と50ml が販売されています

まず、ミニサイズで試してみてもいいかもしれませんね♪

「18K」や「プラチナ」普段のお手入れ方法

ゴールドやプラチナは、劣化しにくく、耐久性のある素材と言われています。

しかし、18Kは、金以外の金属も混ざっているため、黒ずみや変色してしまう可能性があります。

プラチナでも、宝石がついているデザインだと、場合によっては変色することも。

シルバー同様、普段のお手入れは、クロスなど柔らかい布を使い、拭くだけでOKです。

柔らかい布で拭いても落とせない汚れは、適切な方法でケアしましょう。

「18K」や「プラチナ」汚れの落とし方

普段は、クロスで拭くだけでも十分ですが、汚れが気になる場合、「中性洗剤」を使う方法もあります。

汚れの落とし方
  1. ボウルや洗面器に、ぬるま湯と台所用中性洗剤を入れる(湯1:洗剤1の割合)
  2. 18Kやプラチナアクセサリーを浸し、5分ほど放置する
  3. 汚れが溜まりやすい細かい部分などは、柔らかい筆やブラシ、綿棒で磨く(ブレスレットの場合、振り洗いしても良し)
  4. 水でよく洗い、柔らかい布を使い、拭き取る

「TOWN TALK(タウントーク)」の液体クリーナーには、金・プラチナ専用もあり、おすすめです。

プロによるクリーニングもおすすめ

アクセサリーのお手入れ方法は、手軽に行える方法から、専用クリーナーまで様々。

特別な日の前には、プロによるクリーニングを依頼してみるのも良いかもしれません。

ティファニーでは、購入したアフターサービスとして、クリーニングを無料で行ってくれます。

購入店舗ではなくても対応してくれますし、保証書なども必要なく、気軽に利用できるサービスです。

セルフケアでは、落としきれない汚れが落とせて、よりピカピカになりますよ。

ただし、クリーニングは汚れを落とす作業なので、小さな傷は綺麗にはなりません。

せっかくクリーニングしても、イマイチ綺麗にならない場合、有料にはなりますが、「新品仕上げ」を検討してみてくださいね。

新品仕上げは、洗浄だけでなく、表面を磨くため、新品のような輝きが取り戻せます♪

まとめ

  • ティファニーのブレスレットを、つけっぱなしにすることは、素材や作業内容にもよるが、あまりおすすめしない
  • ティファニーブレスレットをつけっぱなしで、湯船に浸かってもOKだが、入浴剤の成分には注意する
  • 温泉の成分によっては、変色や変質を起こす可能性があり、温泉では外しておくと良い
  • ティファニーのブレスレットには、黒ずむ原因である硫化が起こりにくい「スターリングシルバー」を使用している
  • ブレスレットは、つけっぱなしにすることで、肌荒れや金属アレルギー、くすみの原因となる可能性がある
  • シルバーやゴールド、プラチナアクセサリーの日常的なお手入れは、皮脂や汗汚れを柔らかい布で拭き取るだけでも十分
  • 拭き取りきれない汚れは、素材に合った方法で取り除く

ブレスレットに限らず、ネックレスや指輪など、大切なものは肌身離さず着けていたいですよね。

私は、結婚指輪をいつも着けていますが、時々クロスで磨くようにしています。

少し磨くだけでも、ピカピカになりますし、磨いている時間も意外と楽しいものです♪

いつまでも、ティファニーのアクセサリーを美しく保つため、定期的にお手入れしてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました