お風呂床をクエン酸で掃除したら白くなった!?その原因と対処法!

お役立ち情報

お風呂掃除では、永遠のテーマとも言える、水垢や石鹸カス汚れ。

様々な洗剤を使用して掃除しますが、悪戦苦闘してしまいますよね。

クエン酸を使用して掃除したら、お風呂床が白くなった…なぜかしら?

まさに今、この状況なのではないですか?我が家のお風呂床も水垢や石鹸カスで汚れていたため、クエン酸を使用して掃除しました。

掃除した時は汚れが落ちていると思ったのに、乾いた後、掃除前よりも白くなったお風呂床を見てびっくり!

「なぜ?」が頭の中でぐるぐる回るばかり。この記事を見つけたあなたも、きっと同じ状況でしょう。

そんなあなたのために、クエン酸でお風呂床が白くなってしまった原因と、白くなったお風呂床を元に戻す方法のご紹介です。是非、参考にしてみて下さい。

 

 

お風呂床がクエン酸で白くなった原因!

お風呂床の掃除にクエン酸を使用したら、きれいになるどころか白くなったのはなぜ?

まずは、お風呂床がクエン酸で白くなった原因についてお話していきましょう。

 

手垢や皮脂汚れにクエン酸が反応した

お風呂床の汚れは、大きく分けて2種類あります。まず1つ目は、水垢や石鹸カスなどアルカリ性の性質を持つ汚れ。

続いて2つ目は、手垢や皮脂など酸性の性質を持つ汚れです。

クエン酸は酸性の性質を持っているため、水垢や石鹸カス汚れにとても効果があります。

しかし、手垢や皮脂などのアルカリ性汚れには効果がありません。

効果がないだけなら、なんの問題もないですよね。しかし、クエン酸が手垢や皮脂などの酸性汚れにくっつくと、白く固まってしまいます。

つまり、酸性のクエン酸と、同じ性質を持つ酸性汚れが結びつくことで白く固まり、お風呂床が白くなってしまったというわけです。

ここでひとつ、「汚れの種類や性質に合わせた、洗剤選びが必要」と言うことを覚えておきましょう。

 

クエン酸を放置しすぎた

クエン酸を水に溶かし、お風呂床にスプレーした後、長時間放置してしまいませんでしたか?

スプレー後、しばらく置いてからこすり洗いするのは効果的です。しかし、放置時間をより長くした方が良いと思うのは大間違い。

クエン酸を長時間放置しすぎてしまうことも、お風呂床が白くなってしまう原因のひとつなんです。

クエン酸は、もともと白い粉末ですよね。お風呂床にクエン酸をスプレーし、長時間放置してしまうと、水分が乾きクエン酸の白い粉末だけ残ってしまいます。

また、クエン酸と手垢や皮脂が反応して白くなった上に、長時間放置することで、白い塊となってしまうのです。

これが、クエン酸を長時間放置することによって、お風呂床が白くなった理由。

長時間の放置により、白くなってしまうだけでなく、素材を傷めてしまうこともあるので注意してください。

クエン酸の放置時間は、30分くらいを目安に、長くても2時間くらいで洗い流すようにしましょう。

 

 

お風呂床がクエン酸で白くなったら重曹を使おう!

クエン酸では落とせない、手垢や皮脂汚れは何で落とせばいいの?

クエン酸では落とすことが出来ない、手垢や皮脂汚れなどの酸性汚れには「重曹」を使ってお掃除しましょう。

お風呂床には手垢や皮脂汚れ、水垢に石鹸カスなど酸性汚れとアルカリ性汚れが混在している状態です。

きれいで清潔なお風呂床にするためには、酸性汚れ、アルカリ汚れの両方とも落とさなければ意味がありませんね。

 

重曹とクエン酸の時差攻撃

酸性汚れとアルカリ性汚れには、それぞれの性質に合った洗剤を使用する必要があります。

まずは、手垢や皮脂汚れを「重曹水」で落としましょう。

その後、水垢や石鹸カス汚れを「クエン酸水」で落としていく時差攻撃で掃除すると効果的です。

では、重曹とクエン酸で時差攻撃する方法をご紹介していきます。

重曹攻撃
  1. スプレーボトルに水200㎖と重曹小さじ1を入れ、重曹水を作ります。
  2. 重曹スプレーをお風呂床の白くなった部分に吹きかけます。
  3. スポンジや雑巾で汚れを落とし、良く洗い流します。

ここまでで、手垢や皮脂などの酸性汚れを落としていきましょう。

続いて第二段階です。クエン酸攻撃で、水垢や石鹸カスなどのアルカリ性汚れを落としていきます。

クエン酸攻撃
  1. スプレーボトルに水200㎖とクエン酸小さじ1を入れ、クエン酸水を作ります。
  2. 重曹水で洗ったお風呂床に、クエン酸水を吹きかけていきます。
  3. 再度、スポンジや雑巾で汚れを落としたら、良く洗い流します。

汚れがひどい時には、スプレー後キッチンペーパーやラップで覆い、30分ほど放置してからこすり洗いすると良く落ちますよ。

 

時差攻撃でも落ちない汚れには同時攻撃で対処

重曹とクエン酸の時差攻撃で落とせないような頑固汚れには、同時攻撃で対処しましょう。

重曹とクエン酸を合わせて使っても大丈夫なの?

重曹とクエン酸、どちらも自然由来のものなので、合わせて使用しても問題ありません。

重曹とクエン酸を合わせると、二酸化炭素の泡が発生します。

この泡が汚れを浮かせ、落としやすくしてくれるんです。

では、重曹とクエン酸の同時攻撃の方法をご紹介していきます。

  1. スプレーボトルに水200㎖とクエン酸小さじ2を入れ、少し濃いめのクエン酸水を作ります。
  2. お風呂床の汚れた部分にクエン酸水をスプレーします。
  3. その上から重曹を粉末のまま振りかけていきます。
  4. 二酸化炭素の泡が出てきたら少しおいてから、スポンジや雑巾でこすり洗いします。
  5. シャワーでしっかりと洗い流したら完了です。

重曹を振りかけて泡が出てくると、重曹とクエン酸の合わせ技でパワーアップした感じがしますよ。

一度白くなってしまったお風呂床ほど、その効果を実感できると思うので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

お風呂床はクエン酸を使う前に水垢予防!

お風呂床の水垢・石鹸カス汚れは、定期的にクエン酸で掃除することが有効です。

しかし、クエン酸でしか落とせない頑固な水垢・石鹸カス汚れになってしまう前に、予防できる方法があります。

毎日の入浴タイム後や、お風呂掃除にちょっとひと手間しておくだけで、水垢・石鹸カス汚れを予防できるんです。

頑固汚れとなる前に予防しておけば、クエン酸の力を借りる必要もありませんし、お風呂床が白くなってしまうこともありません。

クエン酸で白くなってしまったお風呂床を元に戻す時間と手間よりも、これからお話しする予防法のほうがとっても簡単ですよ。

では、水垢・石鹸カス汚れを予防する方法をご紹介していきますね。

 

石鹸カスはしっかりと洗い流す!

入浴後、お風呂床にはボディソープやシャンプー、コンディショナーなどが残っている場合があります。

お風呂を出る際、お風呂床が少しぬるっとしているように感じることはありませんか?

それは石鹸成分が、お風呂床に残っている証拠です。

これをそのまま放置してしまうと、石鹸カス汚れになるだけでなく、カビの原因にもなります。

浴室から出るときには、お風呂床をシャワーで洗い流す習慣をつけましょう。

とは言え、家族と一緒に住んでいる場合、あなた一人だけやっても意味はありません。家族みんなにも協力してもらいましょう。

 

入浴後の拭き上げ

水垢予防するために最大のポイントは、「水滴を残さない」という部分です。

水滴をそのままにしておくと、水分が蒸発した時、水道水に含まれるミネラル部分だけ残り、白いうろこ状の水垢として残ってしまいます。

少し面倒と思かもしれませんが、みんなの入浴が終わった後に、乾いたタオルで拭き上げしましょう。

お風呂床だけでなく、水垢が目立つ蛇口や鏡も拭き上げしておくといいですね。

 

長時間の換気

丁寧に拭き上げしたとしても、浴室の湿度が高ければ、再び水滴が発生してしまいます。

水滴が発生しないように、浴室は良く換気しておきましょう。

可能であれば、浴室窓は入浴時以外の時間、開けたままにしておくといいですね。

窓開放が難しい場合には、換気扇や浴室乾燥機を使用しましょう。

換気は、水垢予防だけでなく、カビ防止にも効果があるので、入浴後の換気は忘れないようにしましょう。

 

プロにコーティングしてもらう

楽して水垢を徹底的に予防したければ、防汚コーティングしてもらうのもひとつの方法です。

お風呂床だけでなく、浴室全体をコーティングして貰えば、汚れが付きにくく、毎日の掃除だってとても簡単に済ませられます。

ただし、楽をする分、費用がかかるという事も頭に入れておきましょう。

防汚コーティングには「フッ素」「シリコン」「ガラス」の3種類があります。

それぞれ持続力が異なり、フッ素なら1年、シリコンは3~5年、ガラスの場合5年ほど持続します。

費用は平均的に見て、3~10万くらいが相場のようです。

コーティング方法や施工場所、依頼先によって費用は変わってきますので、気になったら一度確認してみてください。

依頼先としては、掃除業者やホームセンターのリフォーム部門などで取り扱っていることが多いので、問い合わせしてみるといいですよ。

 

 

まとめ

  • お風呂床がクエン酸で白くなったのは、手垢や皮脂汚れが原因
  • お風呂床が白くなったのは、クエン酸を長時間放置したせいかも
  • お風呂床汚れは、クエン酸と重曹を正しく使ってきれいにしよう

お風呂床をクエン酸で掃除したら、白くなった原因は理解していただけましたか?

単に「汚れ」と言っても、その性質によって掃除方法は変わってくるんですね。

「失敗は成功の基!」失敗から学ぶことはたくさんあります。

この記事を書いた私も、読んでくれたあなたも、もう「クエン酸でお風呂床が白くなった…。」なんて事にはなりませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました