【当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています】

ドライフラワーをプレゼントで贈るのはだめ?贈る意味やおすすめもご紹介

お役立ち情報

恋人や友達へ、ドライフラワーをプレゼントしたいと思ったことはありますか?

ドライフラワーはオシャレですし、プレゼントでもらうと嬉しいですよね。

しかし、ドライフラワーは、受け取る側の人によってだめだと感じることがあるんです。

大切な人へ贈るドライフラワーのプレゼントにだめな理由があるのであれば、贈るのは気が引けてしまいますよね。

つまり、ドライラワーはプレゼントしない方が良いってこと?

安心してください。ドライフラワーはプレゼントとして贈るのはだめではありません!

この記事では、ドライフラワーをプレゼントをするのがだめだと思われる理由やドライフラワーを贈る意味や注意点の解説もしていきます。

また、シチュエーションによって意味は異なるのでそちらもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

ドライフラワーをプレゼントするのはだめじゃない!

ドライフラワーをプレゼントするのは、だめじゃありません。

しかし、もらう人によっては不快に感じる人もいるかもしれません。

ドライフラワーをプレゼントする時には、ぜひリサーチしてみてください!

リサーチのポイント
  • 好きな色
  • 花粉症などのアレルギー
  • 好きな花

上記項目をリサーチしておけば、ドライフラワーのプレゼントに喜んでくれるかわかります。

まず、好きな色についてお話しします。ドライフラワーは落ち着いたカラーのイメージがありますが、華やかな物もあります。

ドライフラワーは花が一番美しい時に加工するため、綺麗な色や形を長く楽しむことができるんです。

好きな色のプレゼントなら、間違いなく喜んでくれますよね。

次はアレルギーについてです。花粉症など症状が重い場合はドライフラワーをもらうことで辛くなってしまうかもしれません。

贈る相手が苦しむものを、あげたくはありませんよね。

せっかくのプレゼントがだめになるのは悲しいですよね。

そんな失敗をしないためにも、アレルギーについてしっかりリサーチしましょう。

最後は好きな花についてです。ドライフラワーにすると生花とは違った雰囲気が楽しめます。

いつも生花を飾っている人へのプレゼントなら、気持ちも込めて自作のドライフラワーをあげてもいいかもしれませんね。

 

ドライフラワーの作り方

一番簡単なドライフラワーの作り方を、ご紹介します。

この方法だと手軽で綺麗に仕上がるので、オススメです。

  1. 麻紐で好きな花を縛る
  2. シリカゲルへ花を埋める
  3. 1〜2週間ほど放置
  4. ラッピングする

上記手順で、ドライフラワーを作ることができます。

しかし、シリカゲルとは何か気になりますよね。

シリカゲルとは簡単に説明すると、乾燥剤のことです。

このシリカゲルを使うと、花が色あせにくくなります。

せっかくプレゼントするなら、失敗して花をだめにしたくはないですよね。

シリカゲルは100均でも手に入るので、ぜひ試してみてください。

ついでにラッピング資材を買うのも、いいかもしれませんね。

 

 

ドライフラワーを贈る意味とは?

ドライフラワーは、花言葉のように意味が込められています。

ドライフラワーを贈るときはメッセージカードにこの意味も添えてプレゼントしてみてください!

ドライフラワーの意味を知ると、より嬉しい気持ちになると思います。

もらう側にも喜んでもらえるよう、手書きメッセージを添えると尚いいですね!

 

ドライフラワーに込められた良い意味

ドライフラワーには、下記のように素敵な意味が込められています。

ドライフラワーの意味を知るとプレゼントしたくなりますよ!

ぜひ、気持ちを伝えるときはドライフラワーのプレゼントにしてみてください。

  • 永遠の愛
  • 感謝の気持ち
  • 永遠の思い出

ドライフラワーには、上記のような意味が込められています。大切な人へのプレゼントとして、最適ですよね。

海外では、永遠に咲き続けると言う意味を込めてお墓へ飾ることもあります。

また、玄関にはリースを飾ることもあります。リースは円状ですよね。

この円状は永遠や不滅という意味があるので、この幸せをずっと続けられますようにという意味も込められているんです。

いい思い出と共に日頃の感謝や愛情を伝えるため、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

また、プレゼントするのであれば下記のようなシチュエーションがオススメです。

オススメのシチュエーション
  • 結婚祝い
  • 出産祝い
  • 誕生日祝い
  • 内祝い

永遠と続いて欲しい大切な思い出の日に、プレゼントしましょう。

ドライフラワーは長く楽しむことができるので、見るたびに思い出せていいですよね。

また、長く飾ることで、色の変化を楽しむこともできます。

お祝いの機会があったら、ぜひドライフラワーを贈ってみてください!きっと喜ばれますよ。

 

ドライフラワーの悪い印象

ドライフラワーは、いい意味がたくさん込められています。

しかし、下記のように悪い印象を抱く人もいるでしょう。

ドライフラワーをプレゼントするのであれば、相手が気にするのか知っておきたいですね。

  • 枯れた花
  • 死んだ花
  • 風水的には悪い
  • 隠の気が強い
  • 邪気を引き寄せやすい

ドライフラワーは、枯れた花や死んだ花のような意味で受け取る人もいます。

そのため、風水ではあまりいい印象ではありません。

部屋のインテリアなどを、風水にしたがって配置している人には好まれないかもしれません。

せっかくのプレゼントなら、贈る相手のことを考えてプレゼントしたいですよね。

また、ドライフラワーをプレゼントするのに相応しくないシチュエーションもあります。

できれば、下記シチュエーションでプレゼントするのは避けてください。

避けるべきシチュエーション
  • お見舞い
  • 快気祝い

先ほどお話ししたように、ドライフラワーには永遠といった意味が込められています。

怪我や病気で入院している人へプレゼントしてしまうのは、あまり好ましくありません。

また、感染症やアレルギーの恐れがあるので病院へ持っていくことはオススメできません。

どんなプレゼントでも、TPOを考えて贈りましょう。

 

 

ドライフラワーはプレゼントで友達に贈ろう!

ドライフラワーには、感謝の気持ちや永遠の思い出という意味が込められています。

そのため、友達へのプレゼントとしてもオシャレでいいですよね。

しかし、相手によっては迷惑に感じてしまうかもしれません。

ドライフラワーをプレゼントする前に、注意点も確認して欲しいです。

 

プレゼントするときの注意点

プレゼントは何をもらっても、基本的には嬉しいですよね。

しかし、せっかくプレゼントするなら最大限に喜んで欲しいですよね。

友達へのプレゼントする前に、下記注意点を確認してください。

  • 贈る相手が風水を気にしていないか
  • アレルギーはないか
  • まめに掃除ができるか

先ほどもお話ししたように、ドライフラワーは風水的にはいい意味ではありません。

友達が風水にこだわったインテリアを飾っているのなら、ドライフラワーのプレゼントは好ましくないかもしれません。

そんなときは別のものを、プレゼントするのもいいかもしれませんね。

次のアレルギーについても、確認しておいた方が良いでしょう。

自分からのプレゼントで、友達が苦しむところは見たくありませんよね。

また、壁掛けタイプのドライフラワーはホコリが溜まりやすいです。

こまめに掃除ができないなら、壁掛けタイプのドライフラワーは避けましょう。

瓶詰めタイプのドライフラワーなど掃除が楽なものを選ぶといいかもしれませんね。

 

長く楽しめるオススメのもの

花粉症などアレルギーがあり、どうしてもドライフラワーを飾れないときにオススメなものもあります。

永遠に枯れない花は、魅力的ですよね。プレゼントにも最適です。

  • プリザーブドフラワー
  • ハーバリウム

プリザーブドフラワーとは、特殊な液体に花をつけて水分を抜いたものです。

直射日光を避け、飾ると5年ほど飾ることができます。インテリアとしてもいいのでオススメです。

また、高温多湿を嫌うので飾るときは気をつけましょう。

次にハーバリウムとは、花をオイル漬けしたものです。

オイルの中で、生花みたいに綺麗な状態が保存できます。

小さい種類もたくさんあるので、ちょっとしたプレゼントにもオススメです。

ハーバリウムは、ペン型や化粧品に加工されているものもあり、持ち運べるのがいいですよね。

ドライフラワー以外にも、花を長く楽しめるものはあります。

プレゼントするときは、ぜひ贈る相手にあったものを選びましょう。

 

 

まとめ

  • ドライフラワーはプレゼントとしてだめではない
  • 贈る時にはドライフラワーの意味も添えると良い
  • 手作りドライフラワーで思いを伝えよう
  • ドライフラワーへ加工すると生花がだめにならない
  • 贈る前にアレルギーなどリサーチが必要
  • 風水的には邪気を引き寄せやすいのでこだわっている人へのプレゼントはNG
  • 瓶詰めタイプのドライフラワーもある
  • ドライフラワー以外にも長く楽しめる花はある

ドライフラワーをプレゼントするときは、相手への思いやりがとても大切です。

しっかり相手のことを考えてから、ドライフラワーのプレゼントはしてみてくださいね。

もしドライフラワーのプレゼントがだめなら、プリザーブドフラワーやハーバリウムをプレゼントしてみるのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました